「この星の空の下で」1866 作詞 saitottara

milk2

作品紹介・説明

saitotataraさんとの 初コラボです。明るい曲にしてみたつもりです。聞いていただけると嬉しいです。
「ありがとう これからもよろしくね」さわやかですね。なんもためらいもなく、こういう言葉を言ってみたいです。
人は出会って、別れて。この繰り返し。出会いは一期一会ですので、やはり相当の幸運や縁がないと出会うことはないと思います。
人と出会えることはそんなに素敵なことなんでしょうね。
台風が予想より進路を東に変えたため台風の上陸も避けられました。一時は昨年の台風15号の再来かと思っていましたので、ありがたいことです。
コロナの唾液検査が認めた人には2000円くらいでできるようになるそうです。音楽ライブやそれにかかわっている人たちにも気軽に使えるようにして欲しいなあ。 
saitotataraさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

saitoutatara

まだ作品情報が入力されていません

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

「この星の空の下で」1866 作詞 saitotataraさん

幾度となく出会いには  めぐり逢わせないのね神様
すれ違いざまの偶然を  少し願って時もあったけれど

よく行く街角の並木道  よく交差点で見かける貴方
互いの始まり恋の行方  きっかけの出来る場所はどこ?

過去に未来、今もだけれど  人はこうやって出会っていく
たくさんの結ばれる糸は  きっと貴方とは赤いってね
願っている

この星の空の下で  僕たちは生まれ生きてきて
予想もできない貴方と会えたこと  ありがとう、これからもよろしくね


君と出会ってから今までに  僕の本音を言ってなかった
言おうと決めても落ち着かない  舞い上がって表に出てしまう

ねえ、教えてよ誰かさん  もうその想いは届くだろうか
でもそれは神様も知らない話  0ではない運命を信じて

世界中の恋をしている人が  恋焦がれていつか叶える
その日まで願ってる人生は  そう捨てたもんじゃないって
思いたい

この星の空の下で  生きゆくものの物語始まり
本気で君が好きだと伝えた  一緒に紡ぐ始めの軌跡

そして二人は青い星で  次の未来へと託していく
そして愛を誓い青空の下で  神様に感謝しキスをした

この星の空の下で  僕たちは生まれ生きてきて
予想もできない貴方と会えたこと  ありがとう、これからもよろしくね

2件のコメントが寄せられています。

05:32 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 12
  • お気に入り: 2
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/09/25 06:38