『ウェーバーの主題による交響的変容』より 第4楽章(ヒンデミット)

KT

作品紹介・説明

『ウェーバーの主題による交響的変容』より 第4楽章(ヒンデミット)

ウェーバーの主題による交響的変容は、
パウル・ヒンデミットが1943年に
作曲した管弦楽作品。
ヒンデミットの作品の中で
今日最も演奏される機会の多い
作品のひとつでもある。


第4楽章 行進曲
原曲は4手ピアノのための『8つの小品』作品60の第7曲(J.265)
  「Marcia maestoso」



楽章構成で、演奏時間は約20分ほど。また自由な変奏曲の形式になっている。

第1楽章 アレグロ
原曲は4手ピアノのための『8つの小品』作品60の第4曲(J.253)
  「Allegro, tutto ben marcato」

第2楽章 「トゥーランドット」 スケルツォ、モデラート
「トゥーランドット」の主題に基づく変奏曲。

第3楽章 アンダンティーノ
原曲は4手ピアノのための『6つの小品』作品10aの第2曲(J.82)
  「Andantino con moto」

第4楽章 行進曲
原曲は4手ピアノのための『8つの小品』作品60の第7曲(J.265)
  「Marcia maestoso」


パウル・ヒンデミット
(Paul Hindemith、1895年11月16日 -
  1963年12月28日)は、
ドイツ・ハーナウ出身の作曲家、指揮者、ヴィオラ奏者。
その他にもヴァイオリン、クラリネット、ピアノなど様々な
楽器を弾きこなす多才な演奏家であった。

第一次世界大戦後、ロマン派からの脱却を目指し、
新即物主義を推進。20世紀ドイツを代表する作曲家として
同時代の音楽家に強い影響を与えた。
また生涯に600曲以上を作曲。
交響曲やオペラばかりではなく、オーケストラを構成する
ほぼすべての楽器のためのソナタを作曲した。

吹奏楽版について
当楽曲では、ヒンデミット自身が
イェール大学にて音楽学部長として
教鞭を執っていた頃、
同大学でクラリネット科教授を務め、
またバンドディレクターも務めていた
キース・ウィルソンに依頼し作成された
吹奏楽編曲版が存在する。
元々当楽曲自体が作曲の段階で
管楽器を効果的に活用しているだけに、
吹奏楽版に於いてもその際だった色彩が
活かされたものとなっている。

 Wikipediaより


とうとうこの楽章に辿り着きました!

この曲は学生の頃、
吹奏楽コンクールで音楽科のある高校
(県の大会では無論上位、関西大会出場常連校)が
演奏した曲だった・・・
「短い曲ながら随分、格好良い曲」なんて思ってた!
それから、何十年もたった今、全曲出来たのは
何とも言い難い。
しっかし、大変な曲だった!!
1,2楽章のあたりでは、
半音ぐらい間違っていても分からなかったけれど、
この楽章は半音間違っていたら結構分かる。
面白いものである・・・ (^^)

プロダクト説明

NOTE PERFORMER(音源)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

8件のコメントが寄せられています。

04:27 / 256.025kbps

共有する

  • 再生回数: 18
  • お気に入り: 9
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers"
  • 作曲:Paul Hindemith
2020/10/01 20:45