【IA English C】 halfway through the terminal (習作的英語ソング No.5)

DerWurmBlumchen

作品紹介・説明

英語で作詞した「習作的英語ソング No.5」になります♪♪♪
今回もいつもMV動画制作でお世話になってる、ぷにおさんにイラスト&動画編集を担当して頂きました☆彡
(動画は歌詞の日本語対訳字幕付きですが、英語がある程度解る方は、やや強引に意訳した様に感じるかもしれません)

lyrics ,music &arrangement by MASAYOSHI MATSUNAGA in 2020

Vocal by IA English CeVIO

Illustration & Video by Punio ( https://twitter.com/puniotopunio )

Youtube: https://youtu.be/OEC5DxCzEfE

ニコニコ動画: https://www.nicovideo.jp/watch/sm37820222

Presentation by Der Wurm Blumchen ( https://twitter.com/imomushimappu )

プロダクト説明

DAW: Cubase Pro 10.5

IA English CeVIO

In use instruments :
・Guitar 1 : Native Instruments SESSION GUITARIST Electric Sunburst DELUXE
・Guitar 2 : Impact Soundworks Shreddage 3 Stratus
・Bass : Spectrasonics Trilian
・Drums : XLN Audio Addictive Drums2

使用したプロダクト

波形編集ソフト
INTERNET Sound it
モニター
Roland RH
コンピュータ
Windows PC Windows PC
プラグインエフェクター
WAVES WAVES Plug-in Bundle
ソフトシンセサイザー
Native Instruments KOMPLETE

8件のコメントが寄せられています。

歌詞

I succeeded in catching the express train for the country.
It's a very and very long distance for a terminal.
The train passed through the first tunnel that had no light.
I saw the sight in autumn that was cloudy and foggy.

その地方に向かう急行列車に僕は上手く乗り込めたんだ。
終着駅まではとてもとても遠く離れてる。
列車が灯りのない最初のトンネルを抜けると、曇り空で霧深い秋の景色が見えた。

I needed peace of mind and more love. Nobody could give me them.
That's why I was just able to pray to God secretly, every night.
Around the world ,we're searching our Hope.
Maybe ,we would not have seen the Cross.
Outside the train's windows ,blue birds were spreading their wings.

僕には心の平安ともっとたくさんの愛が必要だったけど、誰も与えてくれなかった。
だから、僕に出来るのは毎夜、密かに神に祈る事だけだったんだ。
世界中で、皆、「希望」を探してた。多分、僕らは「十字架」を見た事がなかっただろう。
列車の窓の外で、青い鳥の群れが翼を広げてた。

Search outside and inside your mind ! We should find out the Hope.
The train was running through thick foggy land ,carrying puzzled people.
Clear up the thick fog of your heart ! We wish bright world's arrival.
In the express train ,we were just staring at the cloudy and foggy sky.

お前の精神の内と外を探せ!僕らは「希望」を見つけ出さないといけない。
列車は濃い霧の土地を通り抜けて走っていた、戸惑う人々を運びながら。
お前の心を覆う厚い霧を払え!僕らは輝かしい世界の訪れを望む。
急行列車の中で、ただ僕らは曇って霧深い空をじっと見つめるだけだった。

Then ,I was aware that a little girl was standing quietly.
And she was holding the small Cross in her little both hands.
"Could you please tell me ,where are you going by this train ?
And do you have the Hope now ?" ,the girl asked me slowly and politely.

その時、僕は静かに立っている一人の小さな少女に気が付いたんだ。
彼女は両手で小さな「十字架」を握ってた。
『どうか私に教えてくれませんか、貴方はこの列車に乗ってどこへ行くつもりですか?
 そして、貴方には「希望」が今、ありますか?』
少女はゆっくりと礼儀正しく僕に尋ねた。

I answered ,
"I wanna arrive in the terminal I've never seen yet.
Maybe ,there might be the greatest and brightest place in the terminal.
But I'm not sure about the Hope yet."
Just then she said like murmuring ,
" You should search and stare at all of them inside your mind."

僕は答えた、
『僕は終着駅に辿り着きたいんだ、まだ一度も見た事が無いし。
 多分、終着駅には一番、素晴らしくて輝かしい場所がある筈さ。
 でも、「希望」の事は僕にはまだよく解らない。』
すると、彼女は呟くように言った、
『貴方は、心の内にそれらを探して、その全てを凝視しないと・・・』

Search outside and inside your mind ! I should find out the Hope.
The train was running through thick foggy land ,carrying me puzzled.
Clear up the thick fog of your heart ! I wish bright world's arrival.
In the express train ,I was just standing in front of the little girl.

お前の精神の内と外を探せ!僕は「希望」を見つけ出さないといけない。
列車は濃い霧の土地を通り抜けて走っていた、戸惑う僕を運びながら。
お前の心を覆う厚い霧を払え!僕は輝かしい世界の訪れを望む。
急行列車の中、小さな少女の前で僕はただ立ちすくんでいた。

The little girl had black hair with a comb of a red rose
and she was holding the small Cross.

黒い髪に紅い薔薇の髪飾りを付けた小さな少女が、小さな「十字架」を握っていた。

The express train was running through the deep forest
that was like a long tunnel which had no light and sound.
We were still puzzled and confused about our journey.
In front of the girl ,I was just standing and standing ...

急行列車は深い森を走り抜けていた。森は灯りも音もない長いトンネルの様だった。
僕らは、自身の旅路にまだ戸惑いを感じて混乱していた。
少女の前で、僕はただ立ちすくんでいるだけ、ただそれだけ・・・

Outside the express train's windows ,blue birds were spreading their wings.
It seems that they have given a quiet bark like the moon's faint light.
We wanted to arrive in the terminal. We wish it were the greatest place.
But I was not sure how long it took to arrive in the brightest terminal.

急行列車の窓の外で、青い鳥の群れが翼を広げてたんた。
鳥たちの、微かな月の光の様な静かな嘶き(いななき)が聴こえた気がした。
僕らは終着駅に付きたかった。僕らは望むんだ、そこが一番、素晴らしい場所なら、と。
だけど僕には解らなかったんだ、その最も輝かしい終着駅に辿り着くのに、いったいどのくらいの時がかかるのかを。

Search outside and inside our mind ! We should find out the Hope.
The train was running through thick foggy land ,carrying us puzzled.
Clear up the thick fog of our heart. We wish bright world's arrival.
In the express train ,the girl said that ,in front of me ,like murmuring.

貴方の精神の内と外を探すのよ!私達は「希望」を見つけ出さないといけないの。
列車は濃い霧の土地を通り抜けて走っていた、戸惑う僕らを運びながら。
貴方の心を覆う厚い霧を払うのよ!私達は輝かしい世界の訪れを望んでるの。
急行列車の中、少女はそう言った、僕の目の前で、まるで呟くように・・・

8件のコメントが寄せられています。

05:05 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 21
  • お気に入り: 10
  • ロック
  • オリジナル作品
2020/11/15 00:14