ブルックナー 交響曲ヘ短調 WAB99 第1楽章

Dennis Crane

作品紹介・説明

ブルックナーが作曲した交響曲のうち、番号が付けられていない曲が2曲あります。
そのうちの一つは、ブルックナー 自身が「ヌルテ(NULLTE)」とスコアに記したことから「第0番」と呼ばれています。
残りの1曲が、この交響曲で、ブルックナー が完成させた最初の交響曲です。
国際ブルックナー協会から出版されているスコアが「交響曲ヘ短調、1863年稿」と表紙に記されていることから、
番号を付けずに「交響曲ヘ短調」と呼ぶことが一般的です。
作風は、ブルックナーらしさは、それほど明確ではなく、どちらかというとシューマンに似ていると思います。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
コンピュータ
Apple Mac
PCM音源ソフト
EASTWEST QUANTUM LEAP

4件のコメントが寄せられています。

12:06 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 10
  • お気に入り: 4
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Bruckner Sinfonie f moll WAB99 Erste Satz"
    Bruckner
  • 作曲:Bruckner
2020/11/15 22:52