『 宇都宮ステーション 』

さむでぃ

作品紹介・説明

「Tys」10年前の曲ですが、YUKUさんが動画を作ってくれました!
ほぼほぼ、今作のためにカメラを回してくれたオリジナル映像です。

宇都宮を知る人も・・宇都宮を知らない人も。
是非、宇都宮を知るきっかけにして頂けたら嬉しいです(#^.^#)
魅力度ランキング最下位を跳ね返すぞーーっ。

肝心の動画はコチラです!
https://youtu.be/WzDVYiAHygc

プロダクト説明

特にございません^^

YUKUMI

作品紹介・説明

古い曲ですが、Tys(てぃす)の『宇都宮ステーション』の動画が出来たので公開します。実際に朝8:00~撮影し撮ったものです。一部は昼ですが。人通りが少なくて助かりました。ホーム写真など一部はnetで拾ったものです。途中、自転車に乗った若者が偶然映り使わせていただきました(すごくこの曲のイメージに合っていて良かったです。ありがとうございましたm(__)m)。なかなかTysの新曲も出せませんが、この頃の曲はシンプルでよかったなぁ~ってしみじみ思うこの頃です。

さむちゃんの回想詞ですが、なぜか私が撮影した宇都宮の街中をどうぞご覧ください♪
動画です
https://youtu.be/WzDVYiAHygc

たぼ

まだ作品情報が入力されていません

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

和尚塚の五叉路から 桜通り十文字
バスに揺られて 夢を抱えて
釜川大橋 大通り 優しい風の中
何度この道 辿っただろう

西口の階段から 振り返る街並み
夕焼け雲が とても似合っていた

上りホームの一番端あたり隠れてる
置き忘れた「熱き想い」
季節が変わるたび 年を重ねるたびに
「忘れ物」の形が 霞むこの頃

すれ違う学生服 滾る「大志」を胸に秘め
大いなる「未来」への切符を握りしめて


二荒神社の境内に「あの日」の俺がいる
暴れ出す若さ 抑えきれずに
永遠を刻む大銀杏の下で「いつも」俺は
華やぐ都会へ思いを馳せた

傷付き逃げ戻るたび この見慣れた景色
いつも微笑むように 迎えてくれた

下りホームの二番目のベンチで探してる
置き忘れた「恋心」を
景色が変わるたび 年を重ねるたびに
思い出の「ほろ苦さ」増したこの頃

しょぼくれたネクタイ族 萎えた闘志を蹴飛ばして
新たなる「明日」への切符を握りしめて


オリオン通りブラついて 馴染みの屋台横町
パルコを曲がれば・・駅前大通り

上り下りを分ける改札に「今」もまだ
置き忘れた時間がある
すべてが変わっても 歳を重ねてきても
あの頃のまま進まない時間がある
あの頃のまま動けない時間がある

釜川大橋 大通り 優しい風の中
何度この道 辿っただろう・・・

3件のコメントが寄せられています。

05:24 / 157.813kbps

共有する

  • 再生回数: 12
  • お気に入り: 8
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/11/19 23:22