朝まで 何度も死ぬのか(初音ミク・オリジナル曲)

歌詞

朝まで 何度も死ぬのか


そして そのあとに
夜のベッド 裸のままでキッス 求めあう

甘い香水が
媚薬になる 腰をかさねながら あ あ あ

秘密の二人は 今夜も 世間に隠れて
ただの男と女で 朝まで 何度も死ぬのか
叫び


そして その先に
軋むベッド シーツで魚は跳ねるだけ

白く 堕ちてゆく
繋がるほど 深く迎え入れて あ あ あ

昼間の仮面は 今夜も どこかに外して
ただの男と女で 味わう 背徳の汗の
香り


秘密の二人は 今夜も 世間に隠れて
ただの男と女で 朝まで 何度も死ぬのか
叫び

03:28 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 9
  • お気に入り: 2
  • ポップス
  • オリジナル作品
2020/11/22 12:03