「ワカレドキ」1887 作詞 ミントさん

milk2

作品紹介・説明

「どうして僕らは一緒にいるの」そういう疑問は誰にでもあるもんだなぁ。なんて思います。
思っちゃいけないよ、なんてきれいごとなしに、思うことあります。
結婚40年を過ぎても、50年を過ぎるころでもあるのかなと思う。でもいいところがあるから、見つかるから一緒にいるのかな。
「ワカレドキ」はまだまだ来そうもないなぁ。
そして僕は69歳。コロナがあってもライブが出来なくてもこれは変わらない事実。
ミントさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

ミント

まだ作品情報が入力されていません

8件のコメントが寄せられています。

歌詞

「ワカレドキ」1887 作詞 ミントさん

雪が降り続く 静かな夜は  
心に染み入る 歌を聴きたい
都会のネオンが 恋しい君は  
灰色の街に ウンザリだろう

真っ赤なマニキュア 塗りたくっては  
乾かすふりして 溜息をつく
どうして僕らは 暮らし始めた  
夢を紡ぎあう こともないのに

雪が降り積もる しばれる夜に  
コートも羽織らず 出て行ったきり
どうせ友達に 転がりこんで  
わがままな愚痴を 吐いてるだろう

何度同じこと 繰り返したら  
気がすむの いつか やり直せるの
いつまで僕らは 一緒にいるの  
もう笑いあえる はずもないのに

都会のネオンを 恋しがっても  
帰る場所もなく 虚しいだろう

華やかなドレス 引っ張り出して  
うつろな目をして 過去を見ている
どうして僕らは 一緒にいるの  
心重ねあう こともないのに
      もう笑いあえる はずもないのに

8件のコメントが寄せられています。

04:40 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 21
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/11/23 06:36