GOING TO A GO-GO

へっぽこ O

作品紹介・説明

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

「GOING TO A GO-GO」はあのボブ・ディランをして「今世紀(20世紀)最高の詩人」と言わしめたモータウンレコードの副社長、スモーキー・ロビンソンが1965年にミラクルズ名義で発表したシングルで全米ヒットチャートの11位まで上がりました。

その後1982年にローリングストーンズがカバーしてこちらの方は全米25位まで上がりました。僕がこの曲を知ったのはこの時で、ライブバージョンのPVがとてもカッコ良く印象的でした。

それまでスモーキー・ロビンソンと言えばビートルズがカバーした「You’ve really gotta hold on me」しか知りませんでしたが、これを機会に大ファンになりました。今回はミラクルズバージョンを参考にして思いっきりスモーキー・ロビンソンの物真似をして歌っています。2021年にスモーキー・ロビンソンの物真似をしても分かってもらえる人はあまり多いとは思えませんが、本人としてはすこぶる楽しく歌えました。

ドラムはEZDrummerの「EZX SOUTHERN SOUL」を使っています。アラバマ州にあるフェイムスタジオ(アレサ・フランクリンやウィルソン・ピケットなどのアトランティックレコードR&Bの録音で使われたスタジオ)で70年代のサザンソウルを再現するドラムセットとマイキングで録音されたドラム音源です。

ギターはリズムギターがテレキャス、ソロがES-335です。どちらもフェンダーツイードのアンプシュミレーターで鳴らしています。

よろしければお聴きください。

プロダクト説明

Roland QUAD-CAPTURE
RODE M3
Fender N3 Noiseless pick up

使用したプロダクト

ドラム音源ソフト
TOONTRACK EZ
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
プラグインエフェクター
IK MULTIMEDIA T-RackS, WAVES WAVES Plug-in Bundle
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, Gibson ES335
エレクトリック・ベース
Fender プレシジョン・ベース
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
PCM音源ソフト
Steinberg HALion SONIC

15件のコメントが寄せられています。

03:15 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 35
  • お気に入り: 24
  • R&B
  • カバー作品
  • "GOING TO A GO-GO"
    THE ROLLING STONES
    (jasrac) 0G0-6850-6
2021/01/10 10:54