「心地よい疲れの中に」1869 作詞 勇夢

milk2

作品紹介・説明

1月も鏡開き・成人式が終わり寒い日です。久ぶりに雪の予報もあり、今日は散歩もいけないかと。。
そんな日はこの詞のように、少し暑いお湯につかって、心の疲れをいやすのもいいですね。
いつコロナにかかるかわからない、ひょっとしてもうかかっていて、誰かにうつしてしまうかも。
昨年初めて緊宣が出たときはもうおどおどで家の中が安全と思っていましたが、今回はかなり甘い思いでいます。
人としゃべることがなければ、人の触れたものやところに触らなければそんなに心配しなくてもいいや。って思います。
新型のコロナはひょっとすると感染力が高いということなので、危ないかもしれません。気を付けましょう。
勇夢さん ありがとうごさいました。ではどうぞ。
次曲はいよいよ1900曲目です。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

勇夢

作品紹介・説明

お早うございます 続けてのコラボです こちらは私が書いた歌詞をミルクさんに曲を付けて頂きDTMでの曲で歌って頂きました 私も最近DTMソフトのシンガーソングライターを導入致しました 鼻歌やギターで附曲したものをDTMアレンジしたいのですがオーディオインターフェースやそれに伴うマイクが無いためとどこうっております どんな機材を揃えればいいのかも分かりませんが こうやって私の歌詞をミルクさんに表現して頂き有難く思います コラボは音楽サイトの醍醐味ですね それでは「心地よい疲れの中に」をどうぞお聴き下さい ミルクさんお疲れさまでした(^-^)

歌詞

「心地よい疲れの中に」1869 作詞 勇夢さん

今日一杯の汗を流せば
少し熱いお湯につかる
君の優しい言葉を思えば
さわやかな風が吹いてくる

読みかけの小説机に置けば 
些細な人生を顧みる

頑張ってと地球が回る
頑張ってと宇宙が回る
頑張ってと私か回る

今日一杯に命を生きれば
少しばかりご馳走食べる
君が優しく笑み浮かべば
雲のすきまに日がさした

普段どおりの靴を履けば
些細な人生を歩みだす

頑張ってと地球が回る
頑張ってと宇宙が回る
頑張ってと私が回る

03:29 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 21
  • お気に入り: 9
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/01/12 05:52