僕の答え

歌詞

黄昏 海風 今日が終わったら
独りになるのがウソみたいだよね

ごめんねと ごめんねと 繰り返すだけで
理由を言えないそれが理由だね

クルクル回して下げた窓から
香る海に目を閉じてたあの日の君を
夏が過ぎれば少しは忘れられるの
ブルーのタイプⅡまで色が褪せてた

さよなら さよなら 
フラれる方が少し気楽だと慰めてみた

初めて出会った 暑かった渚で
今年は誰かに寄り添うのかな

あぁ、どうして どうして 
平気なふりして責めずにいたけど耳が熱いよ

忘れ物ならまた届けると
言いかけては口ごもらせ君を降ろした
気の利いてる言葉を探し続けた
女々しい男にならないように

さよなら さよなら
君の記憶にどんな僕を刻んでるのかな

あぁ 夢の中の二人ははしゃいでるのに
あぁ 君のことを大好きだった

君が見えなくなったなら泣いてもいいと
強がる気持ちを緩めてやろう

さよなら さよなら 
僕の答えは引き留めないまま見送ること

04:41 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 8
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2021/01/20 01:51