「恋の気分2021」1902 作詞 島田良彦

milk2

作品紹介・説明

過去作のリニューアルです。詞・メロは1976年大学時代に作ったものです。
アレンジは2004年に楽曲化した際には 5分強の長いものでしたが、今回は3分。短くアレンジしなおしたものです。
聞いていただけると嬉しいです。昔作った曲も今聞くといろいろと手直ししたくなりますので、リモデルは今後も続きますよ。
 コロナも感染拡大が止まらないようです。身近な方の感染は聞きませんが、うちのマンションにも感染された方が出たようで、
エレベータのボタン一つにも素手で触らないようにしたり、気を使ってしまいます。
一日3時間ほど散歩するのでその時に買い物を済ませ、玄関先でコートを脱いでアルコール殺菌。手洗い・うがいを済ませて部屋に戻る。
幸いなことに体調不良はありません。 こんな日課が当たり前になっています。
もう with コロナ。ですが、そろそろ本腰を入れて No コロナとしたいものですね。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

8件のコメントが寄せられています。

歌詞

「恋の気分」1902 作詞 島田良彦

こんな日は初めて 心がときめいているの
今すぐにも 張り裂けそうなの

夢見てたこの日 あなたが傍にいるだけで
とてもとても 満ち足りた気分

 あなたが好きよ 何も云わないでいていてね そうよ
 あなたが好きよ いつもそばにいて欲しい

 好き好きなのなの好き 好き好きなのなの好きよ

BABY 小さな肩が
BABY 震えてるね

酔いしれていたいの この甘い香りの中で
今だけでも こうしていたい

想い出にしたくない あなたは今のままでいて
そうよこれが 恋の気分なの   恋の気分なの



(原曲は 1976年作)

8件のコメントが寄せられています。

02:39 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 7
  • ポップス
  • オリジナル作品
2021/01/20 06:12