冬の散歩道(A HAZY SHADE OF WINTER)/ サイモン&ガーファンクル

KFfactory

作品紹介・説明

いつもお聴きいただきありがとうございます。
キンキキッズさんが堂本兄弟時代のドラマ
人間失格?だったかな・・・その挿入歌で覚えてた曲をカバーしました
今回オケは 女性バンド バグルスのカバーを参考にハードに演奏しました
なぜ 邦題が 冬の散歩道なのかな・・・・(^^♪

Time, time, time, See what's become of me
While I looked around for my possibilities
I was so hard to please
But look around Leaves are brown
And the sky is a hazy shade of winter

時よ、時よ、時よ
僕はどうなってしまったのか思い知る
自分の可能性を探し廻っていたのに
僕はどうやら気難しい奴だったのさ
辺りを見てみれば
木の葉は茶色に
そして空は冬の霞みがかった陰に
蔽われている

Hear the Salvation Army band
Down by the riverside's
Bound to be a better ride
Than what you've got planned

救世軍の楽隊を聴いてみようぜ
河岸をマーチする救世軍のバンド …
きっとうまくいくさ
君が考えてたよりうまくいくよ

Carry your cup in your hand
And look around you
Leaves are brown, now
And the sky is a hazy shade of winter

さぁ杯を持っていきなよ
辺りを見渡せば
木の葉は茶色に
そして空は冬の霞みがかった陰に
蔽われているけれど

Hang on to your hopes, my friend
That's an easy thing to say
But if your hopes should pass away
Simply pretend That you can build them again

希望を持ち続けることだ、友よ
言うのは易しいことと思うだろう
消えてしまったように見えたとしても
ただ無邪気に思い込むのさ
もう一度築くことが出来るはずだってね

Look around
The grass is high
The fields are ripe
It's the springtime of my life

見てごらん
草は生い茂り
田畑には実りの色が
そして人生の春がやってくるのさ

Seasons change with the scenery
Weaving time in a tapestry
Won't you stop and remember me
At any convenient time?
Funny how my memory skips
Looking over manuscripts
Of unpublished rhyme

季節は景色とともに移ろい
時をタペストリーに織り込んでいく
立ちどまって僕を思い出してくれるかい?
気が向いた時でいいんだよ
おかしなことに僕の記憶はとびとびになる
未発表の詩の原稿に目を通していると …

Drinking my vodka and lime
I look around Leaves are brown
And the sky is a hazy shade of winter

ライム入りのウォッカを飲みながら
僕は辺りを見まわす
木の葉は茶色になり
そして今は 空は冬の霞みがかった陰に
蔽われている

Look around Leaves are brown
There's a patch of snow on the ground

辺りを見渡せば
木の葉は茶色に変わり
地面にはところどころに積もる雪

プロダクト説明

cubase

6件のコメントが寄せられています。

03:25 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 24
  • お気に入り: 8
  • ロック
  • カバー作品
  • "冬の散歩道"
    SIMON & GARFUNKEL
    (jasrac) 0H1-0190-6
    ボーカル:SIMON & GARFUNKEL
2021/01/29 21:39