「優しさに満ちた世界で」1915 作詞 はるみ

milk2

作品紹介・説明

はるみさんとの 初コラボです。人は誰もみんな寂しがりや。涙ごと抱きしめる。
いいフレーズですね。優しさを感じられることは良いことだと思います。そんな世の中になればいいんでしょうね。
コロナで一層広がったような疑心暗鬼。大丈夫と声をかけるべきところを、住所や顔写真を探し出してネットにさらす人たち。
ましてその家族まで犯罪者扱い。もうこんなことはやめたいですね。暖かい優しい世の中を取り戻しましょうよ。
もう3月になりました。陽射しは暖かく非常事態宣言も解除されようとしています。でも、千葉は感染者減ってないんですよ。
もうひと頑張りなんですけどね。
はるみさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

はるみ

作品紹介・説明

久しぶりに書いた詞に、milk2さんが曲をつけてくださいました。

随分変わってしまった日常が、当たり前になりつつある今の世の中。
失ってしまったモノもたくさんあります。
辛く、苦しい時を過ごしてる時こそ、
大切なのは『想いやる』優しさではないかと思いこの詞を書きました。

milk2さんの大人な優しい世界がじんわりと伝わってきます。

milk2さん、ありがとうございました(◍•ᴗ•◍)

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「優しさに満ちた世界で」1915 作詞 はるみさん

この手のばしたら 触れられてた距離
そんな普通の毎日が 今は懐かしい
変わらないようで 変わった景色が
どこか寂しくさせるよ ポツンといるようで
すれ違うだけの人ごみ 夕焼けに染るさざ波
何処かに置き忘れた心 なんにも変わらないこの
想いを
きっと誰もみんな さみしがりやだから
人の温もり恋しくて 泣けてくるんだよね
そんな涙ごと 抱きしめるから
今はその笑顔 なくさないでね

辛くなる事を 投げ出した事を
誰かの所為にしながら 生き続ける事を
夜の闇に怯える日も 昇る朝日に泣けた日も
どんな日々も忘れはしない 巡る思いを伝えに行くから
辛いと声に出せたら この手差し出すから
何も心配しなくていい 諦めなくていい
時間(とき)はもどかしく 進んでゆくけど
優しい気持ちには 嘘はないから

変わらない想いを抱いて 変われる気がするよ
小さな希望が胸に 溢れだすから
優しさに満ちた世界で 流した涙がいつか
報われる時が来るのを 願い続けているんだ
きっと誰もみんな さみしがりやだから
人の温もり恋しくて 泣けてくるんだよね
そんな涙ごと 抱きしめるから
今はその笑顔 なくさないでね 忘れないでね

6件のコメントが寄せられています。

04:46 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 16
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/03/02 05:21