【IA English C】 Screens (習作的英語ソング No.7)

DerWurmBlumchen

作品紹介・説明

英語で作詞した「習作的英語ソング No.7」になります♪♪♪

90年代の日本のアングラロックシーンでひときわ異彩を放っていた伝説のバンド Blankey Jet City から様々な要素を拝借してきて構成してみました・・・図らずも自作曲の中で最も社会批評的な曲に仕上がってしまいました・・・

そして、今回もいつもMV動画制作でお世話になってる、ぷにおさんにイラスト&動画編集を担当して頂きました☆彡

lyrics ,music &arrangement by MASAYOSHI MATSUNAGA in 2021

Vocal by IA English CeVIO

Illustration & Video by Punio ( https://twitter.com/puniotopunio )

YouTube: https://youtu.be/SntxBrM0BME
ニコニコ動画: https://www.nicovideo.jp/watch/sm38763805

In use instruments :
・Guitar 1 : Native Instruments SESSION GUITARIST Electric Sunburst DELUXE
・Guitr 2 : Impact Soundworks Shreddage 3 Archtop
・Bass : Spectrasonics Trilian
・Drums : XLN Audio Addictive Drums2

プロダクト説明

・Cubase Pro 11

・IA English CeVIO

・Guitar 1 : Native Instruments SESSION GUITARIST Electric Sunburst DELUXE
・Guitr 2 : Impact Soundworks Shreddage 3 Archtop
・Bass : Spectrasonics Trilian
・Drums : XLN Audio Addictive Drums2

使用したプロダクト

波形編集ソフト
INTERNET Sound it
モニター
Roland RH
コンピュータ
Windows PC Windows PC
プラグインエフェクター
WAVES WAVES Plug-in Bundle
ソフトシンセサイザー
Native Instruments KOMPLETE

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

I can watch many and many screens. We surround ourselves with screens and images.
But I'm not sure what they are for me and my world.
Many colorful scenes in the screens ... But they might almost be nonsense for me.
Maybe they have nothing to do with my private life.

僕はたくさん、たくさんのスクリーンを観ることができる 僕らは画面とイメージに囲まれてる
だけど、それが僕と僕の世界にとって何なのかはっきりわからない
画面の中にたくさんのカラフルな場面・・・でも、僕とっては、ほとんどナンセンスかも
多分、僕のプライベートな生活には関係ない


The Lives and Joys of someone unknown to me...
Visions and Views and their Friends or something...
Fake images and False informations...
...All of them are just flowing flowing through my sights.

僕の知らない誰かの生活や楽しみ・・・ヴィジョンや意見、彼らの友達、他にも・・・
虚偽のイメージ、偽情報・・・それらの全てが、ただただ僕の視界の前を流れていく、流れていく


Hold on and keep your consciousness !
Don't go to sleep with your little world and satisfaction !
All the images and visions are just flowing.
Never go to sleep against our most important moment moment !

お前の意識をしっかり保て! お前の小さな世界と満足とともに眠り込むな!
全てのイメージ、ヴィジョンがただ流れてる 我々の一番、大事な瞬間の前で決して眠り込むな!


Coincidentally I had found a screen. One day there was a young man there.
I felt like he's very intelligent.
And he wore glasses and was politely speaking to me...

偶然にも 僕はある画面を見つけたんだ ある日、画面の中に若い男が居た
僕には、彼はとても賢そうに見えた そして、眼鏡をかけたその男は、礼儀正しく僕に語りだした・・・


"...Dear My Friends Around The World
Please Hear Me & Receive My Information Carefully & Consciously
Please Hear Me Dear My Friends
SCREENS SCREENS Surrounding Us Surrounding Us
SCREENS Observe Us Observe Us Observe All Of Our Lives Our Lives..."

『・・・親愛なる世界中の私の友人たち
 注意深く、意識的に、私の話を聞いて、この情報を受け止めてください
 私の話を聞いてください、親愛なる友人たち
 スクリーン、私たちを取り囲む、取り囲む、画面
 スクリーンが、私たちを監視してる、私たちを監視してる、私たちの生活、私たちの人生全てを監視してる・・・』


I wonder whether nobody could listen to him
and I just could notice him speaking to me or maybe to all of us.
But I say to myself "Is it important for me ?"
There are many and many joyful images in the screens surrounding us.

僕は、彼の話は誰にも聞こえなかったんじゃないかと思う
そして、僕に対してか、もしかしたら、僕ら皆に対してかに話してた彼のことに、ただ僕だけが気付くことができた
しかし、僕は自問する「それが僕にとって大事なことか?」と
僕らを取り囲む画面の中には、たくさんの、たくさんの楽しいイメージがあるんだ


We can still watch many screens. I'm forgetting watching the intelligent man.
I'm almost satisfied with my ordinary working.
We are getting busier and busier. Screens are more and more important.
And we're having our eyes glued to the screens.

僕らは未だたくさんのスクリーンを観ることができる 僕は、あの賢そうな男を観たことを忘れていってる
自分の毎日の仕事にほぼほぼ満足してるんだ
僕らはどんどん忙しくなるし、スクリーンはどんどん大事になる
そして、僕らの目はその画面に釘付けだ


Gossips and Scandals with a scornful laugh...
Ill wills and Fights... On the increase of ill feelings ill feelings...
Campaigns Agitations for many problems...
...Dissatisfactions and disappointments fill up while I'm not aware of that...

軽蔑の笑いを誘うゴシップ、スキャンダル・・・病的な意志、争い・・・体調不良、精神的不調の増大・・・
諸々の問題に対するキャンペーン、アジテーション(扇動)・・・
・・・僕がそういうことに気が付かない間に、不満と失望が満ちている・・・


Hold on and keep your consciousness !
Don't go to sleep with your disappointments and dissatisfactions !
All the joyful and ill feelings are just flowing.
Never go to sleep against our most important moment moment !

お前の意識をしっかり保て! お前の失望と不満とともに眠り込むな!
全ての楽しい、そして病的な感情がただ流れてる 我々の一番、大事な瞬間の前で決して眠り込むな!


The screens might force us to go to sleep.
We might be forgetting our real world and unpleasant truths.
While I'm standing alone and holding my screen
I suddenly remember what the young and intelligent man said... ...

それらのスクリーンは我々を眠らせるだろう 我々は、己のリアルな世界と不快な真実を忘れていくだろう
”自分のスクリーン”を持ちながら、僕が独り立ち尽くしてる時、突然、あの賢そうな若い男が喋ってたことを思い出す・・・


"...Dear My Friends Around The World
Please Hear Me & Receive My Information Carefully & Consciously
Please Hear Me Dear My Friends
SCREENS SCREENS Surrounding Us Surrounding Us
SCREENS Observe Us Observe Us Observe All Of Our Lives Our Lives..."

『・・・親愛なる世界中の私の友人たち
 注意深く、意識的に、私の話を聞いて、この情報を受け止めてください
 私の話を聞いてください、親愛なる友人たち
 スクリーン、私たちを取り囲む、取り囲む、画面
 スクリーンが、私たちを監視してる、私たちを監視してる、私たちの生活、私たちの人生全てを監視してる・・・』

(日本語翻訳が良いものになってる自信があまりありませんが、ご参考までに)

2件のコメントが寄せられています。

04:44 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 8
  • お気に入り: 2
  • ロック
  • オリジナル作品
2021/05/20 17:35