ライブ録音 「FLY ME TO THE MOON & 美女と野獣(BEATY AND BEAST」

ハッピー先生(ハピユキ)

作品紹介・説明

5/16(日)の 岩手県奥州市水沢でのライブ「BORNE TO BE FREE」での演奏録音です。
 ライブ動画は、コロナ渦のためなんと1年2か月ぶりに公開です。

動画もYOU TUBEに公開しました

https://youtu.be/SygtU1vUJf4

 私ハピユキさんと、タイバンコク出身の女性ボーカルのMAYさんが、初デュエットを実現しました。
MAYさんとの出会いは、昨年9月に行われた人道支援ライブ時リスナー参加でした。
 その頃の私は、コロナ禍でライブ活動も出来ず、仕事も人間関係のゴタゴタに巻き込まれて、まさに心身共に疲れ果てて、まさに映画の野獣の王子様のように人間不信になっておりました。 
 夜は眠れないので、よくJAZZを聴いていて、SPEAL LOWを歌ってDTMのオケで、You tubeに公開したりしていました。

その後、仕事も落ち着いて、今年の3月に、人道支援ライブに復帰して、またMAYさんに演者として会いました。
その後、思い切ってデュエットのメッセージを送ったところ、快諾を得ました。

 初めての練習ではアリアナグランデのyou tubeを聴いて練習していたので、ハモリなどが合わないので、上手く歌えず1時間で練習は終了しました。
 その後、ライブ会場で、リハーサルが出来たので、かなり自信をつけました。
ところが、現実は小説よりもいろいろな問題が起きます。ライブの1週間前から、喉が痛くなりあまり歌えなくなりました。
 そこで、大好きなお酒も我慢して本番に臨みました。
1曲目、2曲目は、「紅蓮華、Forever Love」、動画はこちら

https://youtu.be/q2TTWQzEt8A

かなりのハイトーンでしたが、エンジンがかって来て、このデュエットの時は一番声が出てましたね。

 映画では、ベルの愛を知った王子様は、魔法から解き放たれて、お城も立派に蘇りました。
 まだ、あまり公には出来ませんが、近日(6月末、8月初め)大きなライブに出演が決まりました。
 まさに「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切らない」と言う気持ちですね。

「解説」1

 セリーヌディオンさんは、昨夜放送された映画「タイタニック」の主題歌の「my heart will go on」が有名ですが、「美女と野獣」の主題歌も歌っております。
 デュエットの男性歌手は、ピーボさんで、「アラジン」の主題歌も歌っていてR&Bソウル系のシンガーさんで、私が17年前に盛岡で勉強していたゴスペルの歌い方を思い出しながら歌っております。✌️
 低音のハモリから、ハイトーンのサビまで、ファルセットではなく、ミドルボイス(パワーボイス)地声で力強く歌う事。
 この曲は、シンガーなら誰もが憧れの曲ですが、今まで環境に恵まれず、演奏するのは初めてなのです。
 この映画の物語は、本当の愛を知るまでは、魔女にかけられた魔法の為に、醜い野獣のままで生きるしかなかった王子様が、ベルに出会う事で、真実の愛を知る、という物語です。
英語の歌は、日本語の意味を知ると、カラオケで歌っても何倍も楽しいので、記載しておきますね。

歌詞
Tale as old as time
True as it can be
時のように古く昔からある物語
そして真実に限りなく近い物語
Barely even friends
Then somebody bends unexpectedly
友達ですらなかった
でも誰かがそんな2人の運命を思いがけなく変えたの
Just a little change
Small to say the least
それはたった少しの変化
少なくとも小さい変化だった
Both a little scared
Neither one prepared
二人とも少し恐れていた
どちらも(その変化に対して)準備していなかったの
Beauty and the Beast
美女と野獣
Ever just the same
Ever a surprise
いつも同じで
いつも思いがけなく
Ever as before
Ever just as sure as the sun will rise
いつも前と変わらず
太陽が必ず昇るのと同じように確かに
Tale as old as time
Tune as old as song
時のように古く昔からある物語
歌のように古く昔からあるメロディー
Bittersweet and strange
Finding you can change, learning you were wrong
ほろ苦く不思議な
あなたは変れることを知り、間違っていたことを知る
Certain as the sun
Rising in the east
太陽が必ず西から上がってくる
のと同じ様にように確かに
Tale as old as time
Song as old as rhyme
時のように古く昔からある物語
詩のように古く昔からある歌
Beauty and the Beast
美女と野獣
Tale as old as time
Song as old as rhyme
時のように古く昔からある歌
詩のように古く昔からある歌
Beauty and the Beast

解説2
ピーボ・ブライソン(本名:Robert Peabo Bryson, 1951年4月13日 - )は、アメリカのソウル/R&B歌手。ソフトロックバラッドの名手として知られており、女性歌手とのデュエットも多い。
セリーヌ・ディオンとのデュエット、ディズニーアニメ『美女と野獣』の主題歌、「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」で1992年のグラミー賞を獲得、1993年には同じくディズニーアニメの『アラジン』のテーマ「ホール・ニュー・ワールド」をレジーナ・ベルと歌っており、2006年には倖田來未とも同曲を歌っている。
ソロでのヒット曲には"If Ever You're In My Arms Again"、"Can You Stop the Rain" がある。
ディズニー
『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。続編に『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』、『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』がある。

プロダクト説明

OZONE9ADVANCED

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

9件のコメントが寄せられています。

07:19 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 31
  • お気に入り: 10
  • ポップス
  • カバー作品
  • ライブ音源
  • "FLY ME TO THE MOON"
    宇多田ヒカル
    (jasrac) 0F0-2290-1
    ボーカル:MR☆はぴゆき
    ミキシング:MR☆はぴゆき
  • ヤマハ音楽データ使用
    "FLY ME TO THE MOON"
    宇多田ヒカル
    (楽器演奏用 歌詞・コード表示対応)
2021/05/24 09:24