失恋海岸(by音符♬食堂)

わぎゅう

作品紹介・説明

海に囲まれた島国日本にも、海に面していない県が8県もあるんだそうな。その一つ、栃木県在住のさむでぃ氏とのユニット「音符♬食堂」の新曲は、さむでぃ氏の海への憧憬から生まれた作品です。ちょっと音符♬食堂にしては珍しいセンチメンタルな曲になりました。

今作では珍しくエレピ中心のアレンジで、ギターは控えめ小さじ2杯、コーラスは多め大さじ3杯、ってな感じです。

Aメロ最後の「碧」の漢字は、訓読みだと「みどり」が一般的かと思いますが、「あお」とも読むんで、一面に広がる海にはその方がふさわしいかなぁ~と思って「あお」の方を使いました。同じ漢字で違う色の読み方があるなんて面白いですね。

ちなみに、海なし県は栃木のほかに群馬県、埼玉県、長野県、山梨県、岐阜県、滋賀県、奈良県らしいです。

プロダクト説明

MTR:ZOOM MRS-1608
エレキギター:fender japanテレキャスター
アコースティックギター:fender
エレキベース:YAMAHA JB600B
キーボード:PLAYTECH PTK300
リズムマシン:YAMAHA RY3

さむでぃ

作品紹介・説明

「音符♬食堂」の新曲は、海なし県民待望の「失恋海岸」ですっ!

栃木県民にとっての海は茨城県の大洗海岸か、栃木県真岡市の
一万人プールです(*ノωノ)
っていうか・・料理長の曲説にもありますが、音符食堂にしては
ちょっとアンニュイな感じの仕上がりです。
そして今作も、料理長の絶妙な隠し味がアチラコチラに^^

関東地方も今週末には梅雨も明けそうな予報ですね。
お時間のある時にでも、お聴き頂けると嬉しいです(#^.^#)

プロダクト説明

特にございません^^

51件のコメントが寄せられています。

歌詞

心が挫けそうな時
見たい景色がここにある

駐車場から砂の丘
越えれば水平線の碧

今日は失恋海岸
色んな感情を波に捨てて
明日をちょっと頑張るか
深呼吸で・・潮風吸って


心が叫びそうな時
遠慮いらない場所がある

駐車場から砂の丘
駆ければ独り占めの碧

今日は苛立ち海岸
荒ぶる感傷を波に預けて
明日は もっと頑張るか
カモメみたいに・・風を掴んで


打ち上げられたペット・ボトル
埋もれた発砲スチロール
どいつもこいつも・・愛しいな

今日は哀愁海岸
色んな想いを波に託して
明日をちょっと頑張るか
深呼吸で・・空を見上げて

明日は もっと頑張るか
カモメみたいに・・風を掴んで

風を掴んで・・

51件のコメントが寄せられています。

04:51 / 183.546kbps

共有する

  • 再生回数: 48
  • お気に入り: 28
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/07/13 19:39