『吹奏楽のためのパッサカリア』 兼田 敏

KT

作品紹介・説明

シンフォニックバンドの
 ためのパッサカリア
(Passacaglia for
  Symphonic Band)は、
兼田敏が作曲した吹奏楽曲。
「吹奏楽のためのパッサカリア」などと
表記される場合もある。

1971年、
音楽之友社創立30周年記念行事の
委嘱作品として作曲された。
1972年5月30日に、
東京音楽大学シンフォニック
 ・ウィンド・アンサンブルによって初演され、
音楽之友社から出版された。

「中学校や高等学校の
 バンドで可能な演奏技術で、
 音楽の楽しみや喜びが味わえる
 ようなものを書きたいと思いました」と
いう作曲意図の通りに作曲直後から
広範に取り上げられている。
Wikipediaより

現役最後の定演のナンバーでした・・・!
何故かこの楽曲、最終書き出しで
バランスが取れず、数回やり直しした!
難儀した楽曲でした・・・(~_~;)

プロダクト説明

NotePerformer

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

4件のコメントが寄せられています。

06:41 / 256.017kbps

共有する

  • 再生回数: 15
  • お気に入り: 8
  • クラシック
  • カバー作品
  • "パッサカリア"
    Wind Ensemble
    (jasrac) 067-7075-4
2021/07/17 10:23