LOVE IS STRANGE

へっぽこ O

作品紹介・説明

Kayさんとのコラボです。

「LOVE IS STRANGE」は1957年に全米11位まで上がったヒットナンバーで、オリジナルはR&BデュオのMickey and Sylviaです。
Love is Strange- Mickey & Sylvia - The real thing - YouTube

僕がこの曲を知ったのは30年くらい前、バディ・ホリーがアコギ1本でカバーしているバージョンでした。そのちょっとあとにEVERYTHING BUT THE GIRLのカバーバージョンが出て、これがとても好きだったので今回の下敷きになっています。(オリジナルのMickey and Sylviaバージョンとはかなりイメージが異なります。)

この曲を作ったのは「MONA」などのヒットで知られるジャングルビートの生みの親、ロックンロールオリジネーターのボ・ディドリーです。彼はこの曲を奥さんのEthel Smith名義で書いています。このロマンティックなナンバーを書いたのがボ・ディドリーというのは僕にとってはかなり意外でした。(1988年にロン・ウッドと共に来日した時、中野サンプラザでライブを生で観ましたが、ネットでセトリを調べたらこの曲は演奏されていませんでした。)

今回ギターはストラトでオブリがセンターとリアのハーフトーン、間奏がフロントとセンターのハーフトーンです。ベースはMODOBASSでリッケンバッカー4003をモデリングしたものを弾いています。

Kayさんのボーカルは軽やかでドリーミーで、EBTGのトレイシー・ソーンを彷彿させます。イメージぴったりです。Kayさんありがとうございました!よろしければお聴きください。

プロダクト説明

Roland QUAD-CAPTURE
RODE M3
Martin 000-28ECmodel
Fender N3 noiselesspickup

使用したプロダクト

ドラム音源ソフト
TOONTRACK EZ
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
プラグインエフェクター
IK MULTIMEDIA T-RackS, WAVES WAVES Plug-in Bundle
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
アコースティック・ギター
Martin Martin
PCM音源ソフト
Steinberg HALion SONIC

Kay

作品紹介・説明

おーさんから素敵な曲をお誘いいただき歌わせていただきました(*^▽^*)

最初この曲を聴いたとき、どっかで聴いたことあるな~と思っていて、歌入れの段階でよくよく調べたところ・・・
1987年公開の映画『Dirty Dancing』に使われていた楽曲(おーさんも書いてるMickey&Sylvia)が原曲でした。アメリカのリゾート地に家族と避暑に行ったTeenagerの女の子が恋をするお話で、描かれてる時代は1963年なのでオールディーズな楽曲が使われてたんですね。
https://www.youtube.com/watch?v=oxCDAs3kbAU

この映画大好きで、当時ホームビデオも買って何十回と観てたので、EBTGによるカバーはだいぶアレンジされてたけど、聞き馴染みのある懐かしさを感じたんだと思います。

それに聴いていただくとわかるとおり、イントロからの優しいギター、そしてストリングス?やおーさんの癒し声♪
最後に私が歌入れさせていただいたんですが、歌入れの間ずぅーっとヘッドホンからのマイナスイオンのシャワーを浴びながら歌っていて、歌い終わる頃には肩こりまで治っていました(笑) 幸せな時間でした~♪

わたしの声がちょっと邪魔しちゃってる感じですが(^_^; 
まさにおーさんにピッタリの世界観をお楽しみいただければと思います\(^O^)/

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase

32件のコメントが寄せられています。

03:30 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 54
  • お気に入り: 29
  • ポップス
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "LOVE IS STRANGE"
    EVERYTHING BUT THE GIRL
    (jasrac) 0L0-6010-1
2021/08/09 10:37