Nowhere to run / Martha Reeves and the Vandellas

takeda

作品紹介・説明

一部には大変にご心配をおかけしましたが、8月末日にコロナの隔離病棟
から、無事退院してまいりました。

7/29にかみさんが、PCR検査を受けたとのことで、7/30には濃厚接触者確
定後(保健所は土日も仕事してます)、8/2に僕もPCR検査を受け、3日に
陽性。4日午後に発症。発症から3日以内は、かみさん以外とは誰とも接触
がなく僕の濃厚接触者は0でした。

8/6にはかみさんは熱も下がり、外出制限も解除になりましたが、基礎疾
患モチの僕は、血中飽和酸素濃度があがらず、肺炎をこじらせて息ができ
なくなって、8/11に入院。

救急隊員が、防護服でうちに来て、僕の布団の横で、病院のリストで片っ
端から電話しまくりの2時間、全部アウト。「保健所に相談だ」とさらに1
時間待って、家から歩いて15分の病院が受けてくれるとの事。「保健所は
持ってるネタが違うわー」と救急隊員。
寿司屋か!という突っ込みを入れる間もなく、搬送。病院の駐車場で、病
院の受け入れ準備待ちの、1時間、救急車のなかの空気の動かないビニール
テントのなかで、汗だく。入院するまで4時間かかりました。
よくTVで見たストーリーはガチでした。

最初の3日は飯も食えませんでしたが、ステロイド剤の点滴が効いて3日目
には朝飯完食。僕が入院した4人部屋の3週間、たくさんの人が入退院しま
したが、ステロイド剤の点滴をしなかった奴はいませんし、これで熱が下
がらなかった奴もいませんでした。マジ利きました。

TVではあまり紹介がないようで、医者の間の裏情報のようです。僕は、
血痰が出ていた(学生時代に、1度肺炎やってるんです)ので合併症の防
止のため、抗生物質とのカクテル点滴でした。
入院時、中等症の2、この後はエクモ、この病院では対応できないので転
院先をさがしてます、頑張ってくださいね、と、脅かされました。

ほとんどの人は1週間で退院されるようです。僕も1週間で点滴も酸素マス
クも取れましたが、肺炎の微熱が下がらず、追加の2週間、自宅療養の1週
間込みで丸々ひと月の療養となりました。

戻ってきて、筋肉が落ちたせいで、ひざががくがくしてますが、多分もう
ダイジョブです。TVで見る後遺症(味がしないとか?)は一切ないようで
す。

死ぬかもな予感におびえ、空傍亭の相棒、「アヤシゲ」さんにはメール差
し上げたりしてご心配をおかけしました。

身近な感染例として。お気を付けください。

曲は、いつか歌うつもりだった
martha reeves and the vandellas
nowhere to run。

濃厚接触者が確定して、自身が発熱するまでに、製作しようと仕込んだん
ですが、歌う前に発熱して、お蔵入り。入院中寝かしてたネタ。
本当は、アルデコさんのローバーを先にやらなきゃなのだけど、報告もし
なきゃで順番かわっちゃいました、アルさん、ごめん。

以下、訳詩ではなく、こんな気持ちで歌ったテキスト。

逃げ道がない、隠れようもない。
逃げ道がない、隠れようもない。

愛から逃げたいじゃない。
それは、失恋。来るこたわかってる。
ちっともよくしてくれないし。
でも、もう、体の一部になり始めてる。
どこいっても、あなたの顔が見える。
一歩ごとに、ついてくるのがわかる。

逃げ道がない、隠れようもない。
逃げ道がない、隠れようもない。

夜、寝ようとすると
心の中に忍び込んでくる
起きたとき、もう会いたくないと思う。
できることなら、忘れたい。
でも、髪を梳かそうと鏡の前に立つと
あなたの顔が見える。
ただ、微笑んでいる顔が見える。

逃げ道がない、隠れようもない。
逃げ道がない、隠れようもない。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
AKG C
モニター
SONY SMC MDR
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター

2件のコメントが寄せられています。

02:46 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 16
  • お気に入り: 5
  • ロック
  • カバー作品
  • "NOWHERE TO RUN"
    Martha Reeves and the Vandellas
    (jasrac) 0N0-5940-2
    ボーカル:MT
    ミキシング:MT
2021/09/15 01:24