The Loner / Gary Moore

Joe

作品紹介・説明

KEN'Sさんとのコラボさせて頂きました。
コレまで多人数でのコラボはあったのですが、2人でコラボさせて頂くのは今回が初であります。
私の拙い演奏のためにオケを作って下さるというありがたいお言葉に甘え、大好きなゲイリー・ムーアの名曲「The Loner」をリクエストさせて頂きました。

やっぱりですね、餅は餅屋。餅屋さんにお任せした方が絶対に良いです!
最初に頂いたオケを拝聴した時に、その事を痛感しました。
そのオケも回を追うごとにクオリティが上がっていくという凄さで、私なんぞが作るなんちゃってシンセオケとは、音の奥行き、スケール感や臨場感、迫力がまるで違います。

アナログっぽさのある作品が多いゲイリー先生ですが、この曲はシンセを多用した広がりのある音ですよね。
その雰囲気を素晴らしいオケと完璧なミックスで見事に再現してくださったKEN'Sさんの力量には脱帽です。
ギターがオケに完全に負けてますけど、そこら辺は大目に見てやって下さいませ。

こんなステキなオケで演奏させて頂き、恐縮至極の恐悦至極、感謝感激のコラボでした。
KEN'Sさん、どうもありがとうございました!

プロダクト説明

使用ギター : Suhr Modern
使用機材&プラグイン : Kemper Profiler, Neural DSP Archetype Nolly

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase

KEN'S

作品紹介・説明

The Loner / Gary Moore

ゲイリーのテーマ曲のようなこの曲は、
ギタリストさんも憧れかと思います。

Joeさんとは「ひょい」さん始めとした複数コラボは、
やってきましたが、
今回、改めて二人で作ってみました。
Joeさんのギター演奏は今までアップされている作品の数々も
お聴きしていてずっと凄いなぁと思っておりました。
何か私も彼とコラボしたいなぁ~
自分のオケでギターを弾きまくって貰えたらなぁ~
とも思って来ました。
いろいろな経緯があって今回、
自分で作ろうとしていてリードギターで挫折、
中途だったオケもあったので、
Joeさんからもリクエストも頂いたのでこちらの曲になりました。

オリジナルもゲイリーの独壇場のような
ギター・インストルメントなんですが、
Joeさんに気持ち良く弾いて貰えれば~との思いで、
オケを作って送らさせて頂きました。
そして、
あがって来たギター演奏音源をお聴きしてたまげました!
もうこれ以上は望まない望む必要も全くない素晴らしい演奏で、
こりゃこんなオケじゃぁ全然、申し訳ない!と
できる限りのことをしたつもりではあります。

書けばキリがないのですが、
是非、Joeさんのソロギター演奏をお聴き頂けたらと思います。
このようなスローバラード系は逆に難しいだろうし、
ギターが歌っているような演奏だと思います。

Joeさん。
こちらこそ、いろいろとありがとうございました!
こんなにモチベ上げて作ってきたのも久しぶりです。
また次回も宜しくお願い致します。 (^o^)

プロダクト説明

バックのストリングスは生系とシンセ系を足してPADな感じで弾いています。
主にオリジナルもそうらしいのですが、
ArturiaのCMI V、ソフトシンセを使いました。
当時、1200万円もしたプロしか買えなかった化け物シンセでした。



使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
波形編集ソフト
INTERNET Sound it
モニター
YAMAHA HS
コンピュータ
Windows PC Windows PC
プラグインエフェクター
PSP Audio Vintage Warmer
ドラム音源ソフト
XLN AUDIO Addictive Drums
DSPプラグイン
UNIVERSAL AUDIO UAD
MIDIコントローラー
KORG nano
エレクトリック・ピアノ
CASIO Privia
オーディオインターフェース
Cakewalk V-STUDIO

30件のコメントが寄せられています。

06:28 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 69
  • お気に入り: 21
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "The Loner"
    Gary Moore
    (jasrac) 0L1-5431-9
    ミキシング:KEN'S
2021/09/23 09:54