「ずぶ濡れて」1982 作詞 勇夢兄い

milk2

作品紹介・説明

前曲に引き続き「勇夢兄いさん」の詞です。人生の歌ですね。お酒が出てくると曲つけたくなって頼み込みましたが、
詞の中身は重厚なイメージでしたので、そのような曲にさせていただきました。
ついに人生70を超えたわけですが、中身は変わりませんねえ。着実にベースやらギターやらが増えてくるだけで。
部屋に収まり切れなくなってしまいます。弱音を吐くと処分しなさいと言われるので、じっと我慢。
さて、今週末は海浜幕張駅前の「幕張新都心イルミネーションライブ」にトップバッターで登場。15:50からのステージです。
他にも素敵なバンドさんも演奏しますので、お出でくださいね。
勇夢兄いさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

勇夢兄い

作品紹介・説明

あっ!私はまた出遅れましたが( ;∀;) ミルクさん有難うございました 人生とは何か良く分からないです 分からないままに描いた詩に いい曲と巡り合いました。(^-^)

12件のコメントが寄せられています。

歌詞

「ずぶ濡れて」1982 作詞 勇夢兄いさん

涙の湖があるのなら
頬につたう滝になる
滝もそのうち乾くから
涼しい瞳に戻るだろう


酒の海があるのなら
グラスの中で波になる
波が次々押し寄せて
呑まれる前に気が付いて


心の膿みがあるのなら
洗い流して浄めよう
穢れ無き者人あらず
天地の間でずぶ濡れて

12件のコメントが寄せられています。

03:36 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 26
  • お気に入り: 17
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/11/25 07:34