「命(いのち)」さら&風来坊のまさ

細田さら

作品紹介・説明

最近、母の事がすごく思い出されます。
そう思ってパソを整理してるとこのお歌を見つけました。
10年前の私、キー高ww

この前作った動画をご覧いただくとうれしいです。
https://www.youtube.com/watch?v=C1M-oRInsXY

まささんと1番最初に作った歌です。
10年位前、あるサイトでたまたま初めて行った部屋で、まささんと出会いました。
そのお部屋主さんのおかげで、この実話である重いだれにも断られてた歌詞に
あっという間に曲をつけて貰いました。
そこから、まささんと毎日毎日砂場でお城や山やトンネルを作るように、
いっぱいいっぱいお歌をつくるのですが。。。
あの出会いがなければ、私はこんなにも大好きな作詞という事と出会えてなかったと思います。

今年はまささんとのお歌の整理もしていこうかなと思います。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

「命 いのち」                 

母が亡くなったのは 
気持ちのいい春の日曜日
泣きじゃくる 私の横で
十五の妹は ただ震えてた
人は満ち潮に生まれ 
引き潮に去っていくと
教えてくれたのは 母でした
あなたの優しさを私は受け継げて 
居られるのでしょうか?
春の 暖かい風が吹く度
桜の花が 咲く度 心はいまも痛みます



父が亡くなったのは 
寒い寒い冬の水曜日
呆然とする私の隣で
二十歳になった 妹がすすり泣いてた
人は死んでしまうと 灰になるだけだと
教えてくれたのは 父親でした
あなたのきびしさを
私は引き継げているのでしょうか?
冬の冷たい風が吹く度
椿の花が咲く度 心は今も痛みます

人は満ち潮に生まれ 
引き潮に去っていくと
教えてくれたのは 母でした
あなたの優しさを私は受け継げて 
居られるのでしょうか?
春の 暖かい風が吹く度
桜の花が 咲く度 心はいまも痛みます

10件のコメントが寄せられています。

05:59 / 128.009kbps

共有する

  • 再生回数: 22
  • お気に入り: 13
  • フォーク
  • オリジナル作品
2022/01/14 06:05