ディープ・ブルー

G Force

作品紹介・説明

動画もご覧いただけますと、とっても喜びますm(_ _)m
https://youtu.be/0efVmwIsfBA

GARO解散後に制作されたMarkさんのソロアルバムから、「ディープ・ブルー」をやってみました。
とてもMarkさんらしい、ちょっと寂しい歌なんだけど、どこかやわらかくて甘い感じが、歌っていてとても心地良かったです。

実はこの曲はYoutubeで僕のガロカバー曲を聴いてくださった方からのリクエストでした。なぜあえて「実は・・・」なんて書いたかというと、熱烈なガロファンだったので(といっても、聴いてコピー演奏するだけでしたが・・・)、このアルバムも持っていました。でも最近までほとんど聴いていなかったんです。それはガロが好きすぎたので、3人揃っていない状態だとどうしても喪失感があって、こわくて聴けなかったというのが正直な気持ちです。
でも、リクエストいただいたおかげで、最近あらためてアルバムを聴いていて、Markの素晴らしさを再認識できた気がします。このアルバムも1976年のリリースだったと思いますが、今聴いても「気持ちに響く、ビジュアルがすぐに浮かんでくる素敵な音楽だな」って思います。
Markさん一人でこれだけサラっとすごいのに、他の2人が全く違うタイプなのに、みごとに3人が揃ったときのあの調和・・・・・
幼少期からいつもいろんな音楽は聴いていましたが、日本語の歌モノを、(幼少期の童謡や合唱をのぞけば)GAROから演奏して歌いだしたのは、ハモリ好きの自分にとってとてもラッキーなことだったなぁと(^_^;)

歌はキーがちょうど僕には合っていて、自分的にはやりやすかったのですが・・・ギターは・・・あんまりギター得意じゃないので端折って弾いてますし、ちゃんとした方からポジション情報も教えていただきましたが、そのポジションだとちゃんと弾けず・・・普通のローポジションにシンプルなアルペジオでやっています。サウンドは雰囲気で聴いていただけましたらありがたいです。

【制作メモ】===
MIC:LEWITT LCT441FLEX
Audio I/F:Presonus Audiobox iTwo
DAW:Studio One Pro (Windows)
Guitar:Epiphone EL-00
BASS:Ibaneze SR640
Camera:Canon 6D Mk II
Video Edit:Vegas Pro 18

【Tracks】===
1.Vocal
2.Vocal 2
3.Bass
4.Piano
5.E-Piano
6.Strings Section 1
7.Strings Section 2
8.Cymbals
9.Drums
10.Guitar 1
11.Guitar 2

使用したプロダクト

モニター
MACKIE HR, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

28件のコメントが寄せられています。

04:03 / 192.019kbps

共有する

  • 再生回数: 44
  • お気に入り: 27
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "ディープ・ブルー"
    Mark
    (jasrac) 054-1766-0
    ボーカル:G Force
    ミキシング:G Force
2022/04/15 20:45