薄墨色の空

いずる

作品紹介・説明

梅雨の季節、蒸し暑い日が続きますね。
熱中症対策はしてますでしょうか?

すぷぼさんに歌詞を手伝って頂きました。
というか、8割くらいはすぷぼさんが考えて下さいました(^^;
アドバイスも頂き、感謝ですm(_ _)m

すぷりんぐbox(整理中)

作品紹介・説明

この作品、コラボというほどのことやってません。最初のところ、アドリブで詞を書いただけで、全体の構成、サビなどの詞は、いずるくんです^^;
ダイナミックな曲とi、いずるくんの熱唱、哀愁あるモノクロな詞の世界を楽しんでください^^
よろしくお願いします<m(__)m>

プロダクト説明

なし

9件のコメントが寄せられています。

歌詞

雨が降る今日も 
街を濡らしてく 
雨が降る明日も 
ぼくを濡らして 
きみがいなくなってから 
僕は僕はひとりぼっち  
空を見上げながら 
きみを想っていた
薄墨色の空

悪いのは僕さ 
きみを傷つけた 
言い訳さえ今は
もう届かない
きみはよく笑っていたね
今も今もその笑顔が
空に映っている
きみの声が聞こえる
薄墨色の空

きみがいなくなってから 
僕は僕はひとりぼっち  
空を見上げながら 
きみを想っていた
薄墨色の空
今も今もその笑顔が
空に映っている
きみの声が聞こえる
薄墨色の空
僕を責め続ける
薄墨色の空

9件のコメントが寄せられています。

03:59 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 35
  • お気に入り: 19
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2022/06/21 18:23