BAD SUNNY DAY

歌詞

BAD SUNNY DAY
(words & music:York)
 .....................................................

夜が明ける頃にただ鮮やかに
咲いた花とは裏腹に
無意識に委ね 目を閉ざしたまま
僕は次の夢を睨みつけた

当たり障りないものばかり欲しがった
退屈な欲望を掻き立てているのは
何の所為だっけ?

黒い太陽に身を焼き尽くされて
虚ろな目に映り込む揺らめく蜃気楼
やがて舞い降りる時に怯えながら
紛らわすこの心を奏でて


通りすがりの歩行者に
心の無い笑い顔をばら撒いて
往復しては駆け回る罪悪感を
見て見ぬフリしてやり過ごした

恨みつらみは余計な荷物でしかない
堅実な理性を讃え続けていたのは
何の為だっけ?

Sunny day,but unhappy day 目に見えないほど
届かない場所で消えては浮かんでくる
痛い光に突き刺されながらまだ
逃げ惑う心は揺れて


黒い太陽に身を焼き尽くされて
虚ろな目に映り込む揺らめく蜃気楼
Sunny day,but unhappy day 目を潰されるほど
眩しい光を放ってる
今日も夢が滲むBad sunny day

03:30 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 9
  • お気に入り: 2
  • ポップス
  • オリジナル作品
2022/07/13 17:16