愛してもいないのに

歌詞

赤らむ君が首筋へと 唇あてて絡みついた
マニュキアの指がボタン外す 黙ってソファで戸惑うだけ

悪い悪戯な笑み いじめないで 僕のことなんか全然愛してもいないのに


赤らむ君は いつのまにか 腰からベルト 引き抜いてた
胸元を見せて上目遣い 逃がさないように舌が絡む

細く微睡んだ笑み  いじめないで 僕のことなんか全然愛してもいないのに


隣で君が 目を覚ました 彼女は何も覚えてない・・・

02:24 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 12
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
2022/08/06 09:23