カバー「INORI~祈り~」♪クミコ

よーいち

作品紹介・説明

今日は77回目の原爆の日。
緊迫化する国際情勢がまだまだ続いています。

この曲は、広島平和記念公園「原爆の子の像」のモデルとなった実在の少女の思いを綴った、平和へのリアルな祈りが込められた作品で、シンガー・ソングライターでもある佐々木祐滋(禎子さんの甥)は自ら日本各地の学校や平和イベントへ赴き、この楽曲を歌い続け、この思いをもっと多くの人に知ってもらいたい、この曲を託すのにふさわしい歌い手はいないだろうか、と模索していたころ、その曲がクミコの耳にとまることになりました。
そして、
「身内が歌うだけでは意味がない。平和を願う人たちに、クミコさんを通して広く知ってほしい」という彼の率直な言葉に共感し、この曲は自分が歌い継いでいくべきではないか、と確信したクミコさん。
『INORI』は、禎子さんのことを歌うだけの曲ではなく、いともたやすく命が奪われる風潮さえある今の時代に訴える、「祈り」を込めた命の歌なのではないでしょうか。
原爆投下の直下となったこの地に建つ少女像を見たことがない日本人はほとんどいないだろうが、なぜこの像が折り鶴を掲げているのか?
そしてこの像のモデルとなった12歳の少女の物語を知っている人はそれほど多くはないと思います。
その少女の名は 佐々木禎子(ささき・さだこ 1943年1月7日~1955年10月25日)ちゃん。
原爆投下時に2歳で被爆。白血病により、たった12歳でこの世を去った少女。
不治の病に冒された少女が、病床で回復を願い、苦い薬の包みで折り続けた折り鶴が平和の祈りと結び付き、原爆の子の像が建立されたのでした。

昔、高橋クミコで活動されていた頃からのフアンでしたし、多少、音楽のお付き合いもありましたし、この曲も大好きなので歌ってみました。

歌詞はこちら

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

4件のコメントが寄せられています。

05:28 / 121.268kbps

共有する

  • 再生回数: 8
  • お気に入り: 6
  • ポップス
  • カバー作品
  • "INORI"
    クミコ
    (jasrac) 162-4135-5
    ボーカル:よーいち
    ミキシング:よーいち
2022/08/06 18:09