『あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE』1992【初歌】〜コンデンサーなのにノリが良い〜「GrooveTubes GT-CONVERTIBLE」

☆ぴぃ〜

作品紹介・説明

「コンデンサーなのにノリが良い」って、誤解を招きそうなので解説…
コンデンサーマイクは、たとえEQカーブで「ボーカル用」にセットされていても「ダイナミックマイク」や「リボンマイク」のような物理的な音響特性上の「クセ」が無いので、帯域の限定された範囲を密度の高い音質にするのは、かなり難しいと思います…なのでボクの場合だとダイヤフラム 口径の小さいマイクを使って物理的にシフトします…ボクのような低音ボーカルで「1-inch」や「27mm」などと言うデカいダイヤフラム は「低域」を拾い過ぎるので、離して歌うと距離によって影響を受けやすい「高域」が減衰してしまうので、せっかくの「リアルさ」が半減してしまいます…「GrooveTubes GT-CONVERTIBLE」はカプセルのサイズが「19mm」なので、それ以下のダイヤフラム だと思います…と言うか、歌ってみると「近接効果」も気にならずスッキリした「軽い感じ」になるのでオケとの相性が良く、ボーカルを馴染ませたい場合に使っています…(^o^)/

プロダクト説明

MacBook Pro (15-inch, Mid2012) MacOS Catalina, SSD (16GB)
steinberg CI2 (Mic Pre-Amp)
GrooveTubes GT-CONVERTIBLE
AKG K240 Studio

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
モニター
AKG K
コンピュータ
Apple Mac
オーディオインターフェース
Steinberg CI2

04:40 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 3
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "あの夏の花火"
    DREAMS COME TRUE
    (jasrac) 011-7652-8
  • ヤマハ音楽データ使用
    "あの夏の花火"
    DREAMS COME TRUE
    (楽器演奏用 歌詞・コード表示対応)
2022/08/25 16:50