100万本のバラ / ~Feat. Masuga ~

ベニーモ

作品紹介・説明

100万本のバラ / ~Feat.Masuga ~

加藤登紀子さんの「百万本のバラ」は、1987年4月25日にシングル発売。
100万枚を突破する。大ヒット曲になりました。
今回、Masuga が歌ってくれました。

Masuga さんの味のある歌声是非!!
私もハーモニーで参加しています。
よかったら聞いてください。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, INTERNET Singer Song Writer, PG Music Band-in-a-Box
オーディオインターフェース
EDIROL UA
マイク
BEHRINGER C
アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA

Masuga

作品紹介・説明

ベニーモさんと「百万本のバラ」を歌いました~!

ベニーモさんのオケは、最初はエレクトロニックな感じなのですが、歌が始まると手風琴的なリズムが入ってきて、ぐっと視点が狭まるみたいな、雰囲気が変わるのですよ。
ここで急に、貧しい絵かきが女優に恋をしたパリ?の街が見えてきて、端っこで手風琴を奏でている少年?おじさん?
どっちか迷ったのですが、なんとなく貧しい少年を思い描きながら、歌ってみました^^
相変わらずのピッチの悪さですが^^;気持ち重視ということで(笑)
ベニーモさんのハモリのおかげで厚みが出て、感謝です!
ハモるのは苦手ですが、ハモられるのは大好きです(笑)

おときさんて、歌うまかったんですね~(失礼)
プラス、あの憂いと色気ですからね~
いやあ、すごいです。

よろしければお聴きくださいませm(__)m

♦最後に原曲について。
この歌、原曲はラトビア(バルト三国の一つ)の曲だそうです。

日本語詞:加藤登紀子
で、訳詞ではないんですよね。

原曲の歌詞の内容を調べたら・・・
タイトル:マーラが与えた人生
内容:
子供のころ泣かされると 母に寄り添ってなぐさめてもらった
そんなとき母は笑みを浮かべてささやいた
マーラは娘に生を与えたけど幸せはあげ忘れた

というなかなか重い内容でした。
後にラトビアの文化大臣になった作曲家ライモンド・パウルスがソ連統治時代の1981年に作曲して、詩人レオン・ブリディスに作詞を依頼したとか。
ラトビアの悲劇が象徴されているそうです。

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
マイク
AUDIX OM

42件のコメントが寄せられています。

05:08 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 65
  • お気に入り: 33
  • ポップス
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "百万本のバラ"
    加藤 登紀子
    (jasrac) 0M2-5134-2
    ボーカル:Masuga
    ミキシング:beniimo
2022/12/03 09:14