夏空

蒼咲雫

作品紹介・説明

2005年夏に制作。
テーマは「夏祭りの思い出」

一人で近所のお祭りへ行く私。浴衣も着て下駄も履いたのに、
何かが足りなくて、悲しいことに気付く。
それは、昨年私の隣にいた貴方がいないせいだった。
花火は 咲いては 消える 朝顔も 咲いては 枯れる
貴方も 消えてしまった?
夏の音が ひとりぼっちの私を 震わせる
昨年と変わってしまった 私の横には 昨年と同じ風鈴
昨年と変わってしまった 私の上には 昨年と違う夏空

行き場のないこの思い出を 音の世界へ閉じこめる


***************************************************************************

歌詞

夕暮れの 空は赤く染まり
静かな夜の 闇がやってきた
咲き終わった 朝顔が枯れ落ちた
悲しく儚く 私の足元に

爽やかな風が 浴衣を通り抜けた
どこかでゆれる 風鈴の音がした

夏空 太鼓の音が 私の鼓動に響く
命の鼓動が動いては 止まる刹那の記憶
夏空 花火の音が 私の体に響く
大輪の花が咲いては 消える刹那の孤独


朝顔の 蕾をみつけたの
次の朝には 花を開くでしょう

川沿いの砂利道を 下駄で歩く私
どこかで笑う 子供の声がする

夏空 太鼓の音が 私の記憶に響く
思いの裏を知っては 傷ついていくこころ
夏空 花火の音が 私の思いに響く
過去に縛られていては 取り残されるさだめ


花火の光に照らされて 浮かび上がった横顔
砂利道が濡れていく 全てをかき消す雨音


夏空 太鼓の音が 私の鼓動に響く
命の鼓動が動いては 止まる刹那の記憶
夏空 風鈴の音が 私の心に響く
遥か遠くまでずっと残るように 確かな思い出刻むよ

プロダクト説明

ミノ式シーケンサ
Mid Radio player
SoundSketcher

06:01 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 241
  • お気に入り: 3
  • ワールド
  • オリジナル作品
  • 作詞:蒼咲雫
  • 作曲:蒼咲雫
  • 編曲:蒼咲雫
2009/12/09 12:47