ARTURIA Origin

ARTURIA社の独自のTAE®技術を惜しみなく投入したハードウェアシンセサイザー、ORIGINが待望の日本上陸を果たしました。

昨年の欧州での限定 的な発売以来、日本での発売が待たれていたモデルがついに発売開始です。
アナログシンセサイザーの銘機と呼ばれるビンテージシンセ群を再現しモジュール 化。サウンドの素晴らしさはもちろん、多くのノブやカラーディスプレイの搭載などシンセサイザーとしての完成度も抜群です。

●ビンテージシンセの精巧なエミュレーション(= テンプレート)を内蔵:
Minimoog、ARP 2600*、Jupiter-8*、そしてProphet 5*など。
●銘機と呼ばれるシンセ
(Minimoog、Moog Modular、Yamaha CS-80、Roland Jupiter-8、ARP 2600、Sequential Circuits Prophet 5*、そしてProphetVS)
から抽出されたモジュールを駆使して、オリジナルのシンセを構築。さらにARTURIA社独自の最新モジュールも搭載(Galaxyなど)。
●本体ソフトウェアのアップグレードによる、新しいシンセやモジュールの追加。
●最大4つのインストゥルメントの同時演奏が可能なマルチモード(それぞれのパートを個別のステレオ出力へアサイン可能)。
●マルチパターンステップシーケンサー内蔵(パートごとに3つのサブシーケンスの使用可能)。
●リアルタイムエフェクトを搭載(パートごとに最大3つ):フェイザー、コーラス、ディレイ、リバーブ、ディストーション、パラメトリックEQ*、ビットクラッシャー*。
●外部から入力された信号を内部のモジュールやエフェクトでの処理を可能する、オーディオイン。
●デジタルミキシングに最適なSPDIFアウト搭載。
●コンピューターと連動する、USB 2.0 端子搭載(ファームウェアのアップデートの他、今後プリセットの保存/管理、新しく開発されるモジュールの追加、コンピューターでのプログラム編集などに対応予定)。

メーカー ARTURIA
カテゴリ シンセサイザー
プロダクト名 Origin