最高の贈り物(Yoshie Kubota)

YA&YO

作品紹介・説明

この作品は、父が亡くなり、一周忌の日に書いた詞を
当時、加入させて戴いていたプレ王のバリエーションで遊ぼうというコミュに投稿し、
私の詞に、KENさん、Yoshieさん、Artzさん、Yoshieさんの曲をアレンジしてぷ~さんことPush-Pushさんが曲をつけてくれました。そして4曲が完成しました。
皆さんの、優しくて温かい気持ちがとても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

そして今年も間もなく父の命日・・・
今年もまた、皆さんの曲を聴きながら、父との想い出に耽りたいと思います。

詞を書いた時の日記です。
こんな気持ちで書いたことを覚えてたいなあと思います。

07/01/27 01:30

「早いもので・・・」
.今日は、父の命日です。
父が亡くなって、一年が経ちました…
あっという間でした。

父とは、ある事情で9年程疎遠になっていました。
結婚式にも呼んであげられなかったので、
主人のご両親とも会っていませんでした。
主人のお父さんが、お見舞いに来てくれた日の翌日に、父は亡くなりました。
父と再会して3年余りでした。
父親の役目をしていないと、いつも言っていたので、主人のお父さんにご挨拶出来て、ホッとしたのだと思います。
元旦に入院して、一ヶ月持たないと言われてから、
父に余命少ない事は、言わずにいようと決め、
その後もずっと、これで良かったのか?
それとも違うのか?
父にとって良い事はなんだ?
ただそれだけ考えて傍にいました。
亡くなる少し前に、父は私の手を握り、
「お前が一番大切なんだぞ。言っておくからな」と、言ってくれました。
私は、ずっと嫌われていると子供の頃から思っていたので、
初めて「大切だ」と言ってもらえて、本当に嬉しかったです。
私も、父に「愛してる。今度生まれてくる時も、お父さんの子になりたい」と、伝えたかったけれども、「ありがとう」しか言えませんでした。
言葉にして伝えることって、大切なんだと思いました。
心の中で、毎日毎日父に呼びかけています。
まったく夢にも出てきません。
きっと私の傍にいるんだと思っています。
入院中も、父の前では泣くまいと、泣きたくなるのを我慢して、ずっと笑っていました。
「お母さんは、いつも笑っていないさい。
お母さんが、笑っていれば、家の中は明るくなる」
と、いつも父から言われていました。
明るいお母さんでいられるように、いつも笑っていたいと思います。
なんとなくですが、今日でひとくぎりつけて、
気持ちを入れ替えて、頑張っていこうと思います。


私から、父へではなく。
父から、私へかな?
詞を書いてみました。公にするのは、お初です。
お恥ずかしいです。
たぶん、こう思ってくれてたら嬉しいなという願望。
これで救われるという感じがするかな…


プロダクト説明

YAMAHA P

Yoshie Kubota

作品紹介・説明

いまは無き、MySoundというヤマハのサイトの「バリエーションで遊ぼう」コミュニティー発の作品です。
MySound閉鎖により、こちらにお引っ越しです。

私がこのコミュニティーに入って一番最初に手がけた作品であり、2007年3月31日に完成した作品です。
MySoundでアップした当時の創作ノートをそのまま載せます。↓
もうすぐ、YA&YOさんのお父様の命日がまたやってきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
YA&YOさんのお父様の命日に書かれた2007年1月27日の日記を読ませていただき、彼女のお父様への想いをずっしりと感じ、この曲に取り組ませていただきながら、重い内容の歌詞に、様々な想いとともに作成過程は試行錯誤でした。肉親を亡くす悲しみ、愛する娘を残して旅立たなければいけなかったお父様の気持ち、どちらの気持ちにも深く同化してしまい、結果、 10分近い大変ドラマティックな長い曲になってしまいました。(汗)

悲しみの気持ちをひきずったようなイントロに続くマイナーキーの重く、泣いているような前半を経て、いっぱいいっぱい涙を流したあとのように、2番の後、メジャーキーに転調した長いピアノの間奏に続いて、『「愛してる」という君の声届いているよ』から後の部分でようやく気持ちが落ち着いて、最後のピアノソロの部分で、亡くなった者と残された者の気持ちがひとつになって昇華していくような、暖かく前向きなエンディングに仕上げたつもりです。。。。

自分が一番気に入っているこのエンディングのメジャーキーに転調したあとのピアノソロから最後までのところにすべての想いが集約されています、、、。
一番最後まで聴いてやっと気持ちが救われるような曲ですので、長いですがどうぞ最後まで聴いてみてくださいね。(長くてごめんなさい〜汗)

泣いて泣いて、涙が涸れるまで泣いたら、そこには青い空が広がっていて、お父さんからの愛のメッセージが、、、。そんなイメージで曲をつけました。

YA&YOさんのお父様のご冥福を心からお祈りするとともに、天国からいつも見守ってくださっているお父様とこの詩を書かれたYA&YOさんへの贈り物とさせていただきます。(^^*)

プロダクト説明

Steinway Grand Piano M

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
レコーダー
FOSTEX MR
コンピュータ
Apple Mac

13件のコメントが寄せられています。

歌詞

「最高の贈り物」

最近 笑わなくなったね
あんなに無邪気に笑ってた君
「そんな顔をしてたらダメだよ!」
もう・・・声は届かない

君は大切な宝物
「ずっとずっと守る」と君に誓った
笑った日 すねた日
怒った日 泣いた日・・・
どんな時も 愛してた
なかなか伝わらないこともあっただろう
最期に「ありがとう」と言葉に出来たなら…
君は もっと幸せだったかな?

声は聴こえないかもしれないけれど
いつもいつも君の話を聞いているよ
姿は見えないかもしれないけれど
いつもいつも君のそばにいるよ

最近 笑わなくなったね
あんなに悲しそうに泣く君
「そんな顔をしてたらダメだよ!」
もう・・・声は届かない

君は大切な宝物
「一番大切だ」と君に伝えた
笑った顔 すねた顔
怒った顔 泣いた顔・・・
どんな時も、愛してた
なかなか伝わらないこともあっただろう
最期に「愛してる」と言葉に出来たなら・・・
君は もっと幸せだったかな?

声は聴こえないかもしれないけれど
いつもいつも君の話を聞いているよ
姿は見えないかもしれないけれど
いつもいつも君のそばにいるよ

「愛してる」という君の声 届いているよ
最高の贈り物
目を閉じて 感じてみて・・・
今から君へ 最高の贈り物を届けるよ
「愛してる」の言葉・・・

「やっと笑ったね」
君の笑顔が みたかったんだ

13件のコメントが寄せられています。

10:18 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 95
  • お気に入り: 19
  • その他
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/01/16 11:07