台地の唄

作品紹介・説明

高知県の中西部に四万十町(旧窪川町)という町があります。
高知市内からは65㎞、車で1時間と少しぐらいでしょうか。
くれ坂という難所を上ったところにあるのと、高南地方ということで『高南台地』と呼ばれてます。
また、霧がよく出るので霧の町とも言われてます。
朝晩の温度差があるため、とってもおいしいお米(仁井田米)がとれるのです
もちろん、あの四万十川も流れていますし、最近は道の駅の豚まんも超人気です。

そんな四万十町の冬はとっても寒くて、僕がいた当時、寒さで目がさめた覚えがあります。
こたつと電気ストーブしかなかったからだと思いますが・・・。
そんな寒さの中出来た曲で、もうずいぶん前になります。
今回はSSWを使って完全に演歌みたいになってますが、良かったら聴いてください。

もうあと数年で高速道路が開通するため、くれ坂もスイスイ、海、山、川すべてある四万十町です。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer Lite
コンピュータ
Windows PC Windows PC

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

『台地の唄』

1.こんこん粉雪降ってござる 台地の山は冬化粧
  ビュンビュン北風吹いてござる 台地の川は凍りつく 
  あの人寒さに震えてないだろうか
  一人ぼっちの夜は過ぎて行く

2.トントン窓打つ風小僧に 誘われ遊ぶよ雪ん子が
  あの坂超えて舞い降りるよ 台地の町は凍りつく
  あの人寒さに震えてないだろうか
  一人ぼっちの夜は過ぎて行く

  あの人寒さに震えてないだろうか
  一人ぼっちの夜は過ぎて行く



  

10件のコメントが寄せられています。

03:01 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 29
  • お気に入り: 6
  • その他
  • オリジナル作品
2011/02/11 20:13