冬の吐息

テリー横田

作品紹介・説明

曲だけ発表していたボサノヴァの曲に、詞をつけて頂きました。
ボサノヴァ=ブラジル=夏のイメージという、固定観念に挑戦した
「冬のボサノヴァ」です。(2006年作品)

プロダクト説明

メンバー:
Masuga:作詞、Vocal
Terry:作曲、Midi

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
MOTU Digital Performer
レコーダー
ZOOM MRS
モニター
YAMAHA MSP
コンピュータ
Apple Mac

Masuga

作品紹介・説明

ボサノヴァなのに冬の江の島の詞を付けてしまいました^^;
あわててテリーさんに鈴の音を入れていただきました(笑)

このまま進んでよい恋なのか…大人になると考えすぎてしまってまた愛が遠のいてしまいそう…
そういう思いで書きました^^

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
マイク
AUDIX OM

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

■冬の吐息

ホテルの窓 大きすぎて

シャワー待つ時間も 飽きさせない

江ノ島から 流れる風

そっと強く 冬が息をしてる

熱い紅茶 運ぶ頃は

自分らしさを 考えてる

強い心 すがる涙

答え 消してる 悲しくなるのに

Like only love

ふたり 一度も振り返らず

走ってきたのに

誰かを傷つけ 傷ついたら

あなたの方から やさしく手を離すなんて

泣き出しそうな  雲の下で

確かなのは 白い冬の吐息

Like only love

ふたり からだを重ねあって

距離を埋めたのに

似たもの同士の 逃げるクセが

温め合えずに 戻り道でたたずんでる

行かないでと 愛してると

言えないままじゃ 違うはずなのに

冬の吐息 生まれているのに

6件のコメントが寄せられています。

05:01 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 44
  • お気に入り: 6
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2012/01/10 09:56