My Funny Valentine

IGATAKA

作品紹介・説明

今日は、一日家にこもって、ピアノの練習をしてました。

課題曲がどんどん増えてきて

一応練習をしておかないとやばいですから。

でも、私、強要されてピアノを弾くのって、慣れてないものですから

ついつい、横においてある楽譜に目移りがして

キース・ジャレットの「サマータイム」が載ってた、スコア集。
これが、なかなか侮れない代物でして

いままで、さら〜と流して、振り返ることがなかったのですが

今回のは、スゴい!
練習してでも弾いてみたくなる楽譜集です。

でも、さすがに、ライブ音源を忠実に譜起こししたものですから、かなり、難しいです。

といわけで、

蒸し暑くて鬱陶しい梅雨ですが
自分の暑気払いの意味合いもこめて

MY FUNNY VALENTINE

というジャズのスタンダード

自宅のピアノで、なんとなく、弾いてみました。

原曲は、実は良く知らないので、思いっきり間違ってるところがあるかもしれませんが

これはアドリブの範疇ということで・・

タイトルには、我が家のニャンコさまに登場していただきました。背景とよく溶け込んで擬態化してます。よくこの上に座ったりします(*_*;


♫♬♪♬♪♩♫♬♪♬♪♩♫♬♪♬♪♩♫♬♪♬♪♩♫♬♪♬♪♩


◆6月28日、ホールのピアノで弾き直した音源に差し替えました。

ピアノは、STEINWAY D274 です。

会場は、334席を備えた小さなホールですが、フォーン型の反響板が備わった音響のよいところです。

お友達のkunioさんの特製マイクロフォンと、私持参の既製品マイクによる4チャンネル(2ステレオ)録音のミックスによって、音源アレンジしています。

プロダクト説明

Piano:KAWAI SK2 silent
2009/06/28 change
STEINWAY D274

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
コンピュータ
Apple Mac

11件のコメントが寄せられています。

04:35 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 86
  • お気に入り: 8
  • ジャズ
  • カバー作品
  • ライブ音源
  • デモサウンド
  • "MY FUNNY VALENTINE // BABES IN ARMS"
    RODGERS RICHARD
    (jasrac) 0M0-8950-2
2009/06/28 20:17