キャロパポの歌 (歌 たんぽぽしゃん)

Bapak Uchida ①

作品紹介・説明

熊本地震から2週間がたち、交通網も徐々に回復してきました、
しかし多くの方が避難生活を続け、余震が続く宇城市では義姉が避難生活をおくっています。
16日未明の本震の時、上天草でも20分の間に震度6弱、5弱、5弱と3回連続の地震が起き、津波注意報が出たときは悪夢そのものでした。

それでも皆さんの温かいコメント、メッセージ、メールを頂き、ピアノを弾いたりDTMの作業をすることで、日常を取り戻しています。

今回の投稿曲は23年前、私が39才のころの作品です。
当時私は経理マンとして、北海道のキロロスキー場の立ち上げ業務を担当していました。
滅茶苦茶に忙しかったのですが、CMソングになればと、スキー場にあったレストラン「キャロパポ」を曲にしました。

その曲に、たんぽぽしゃんが歌を入れてくれました。
キロロスキー場は5月の連休まで春スキーが楽しめました。今はどうでしょうか?
優しい歌声を聴くと懐かしい思い出がよみがえりました。
シャフルのリズムです。どうぞお聴きください。

(キーA BPM115 最高音E4 最下音A2 シャフル)


使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
エレクトリック・ピアノ
YAMAHA CP1/CP5

たんぽぽしゃん

作品紹介・説明

熊本地震に被災された方々にお見舞い申しあげます。
余震が続き不安なお気持ちのことと心が痛みます。

さて、その熊本にお住いのBapak Uchidaさんの
作詞・作曲の「キャロパポの歌」を歌わせていただきました。

地震のニュースに、心も止まったままでおりましたが
Bapakさんからご連絡をいただき、ご無事のご様子にほっとし
練習を再開いたしました。

Bapakさんの楽しいメロディとアレンジ、四季折々の歌詞を
どうぞ味わってくださいませ。

曲になったキロロワールドは、今の季節も雪があり、スキーが楽しめるそうです。
夏も秋も自然の中で過ごすことができる素敵なところのようです。
行ってみたいですね~。







使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

小樽からシャトルバス 目指すはキロロワールド
そこにファンタジックレストラン 
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

赤井川の名産 キャロット パンプキン ポテト
それを縮めて 名づけたよ
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

白い恋人たちが舞う ゲレンデが呼んでいるよ
スキーを楽しんだ後 さあさあみんなで乾杯

キャロット パンプキン ポテト キャロット パンプキン ポテト
キロロ 心 キロロ   
キャロパポ キャロパポ キャロパポ


雪解けの余市川 時は駆け足で行く
春はドラマティック レストラン
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

赤井川の山々 朝里 長嶺 余市
夏はパノラマ レストラン
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

ゴンドラに乗り 山頂へ 可憐な高原の花
恋の炎を燃やして 今夜は二人で乾杯
 
キャロット パンプキン ポテト キャロット パンプキン ポテト
キロロ 心 キロロ   
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

思い出に誘われて 一人でキロロワールド
秋はムーディ レストラン
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

赤と黄色と緑色 山は天国の景色
涙を流した後で 思い出とそっと 乾杯

キャロット パンプキン ポテト キャロット パンプキン ポテト
キロロ 心 キロロ   
キャロパポ キャロパポ キャロパポ

コメント

3件のコメントが寄せられています。

03:34 / 193.283kbps

共有する

  • 再生回数: 31
  • お気に入り: 10
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2016/04/29 03:39