「雨音」1597 作詞 MANABU

MILKHOUSE

作品紹介・説明

MANABUさんとのコラボは数多いのですが、今回は珍しく歌謡曲。
こんな感じの詞も書けるんですね。楽しく曲を書かせていただきました。
さて、この曲は1597曲目。もう1600曲目は出来上がり、今は1601曲目を作っています。
ということですべて年内に公開させていただきます。
MANABUさん ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

追伸 1600曲記念CDを作成しています。先着10名にプレゼント予定です。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

夢民/MANABU

まだ作品情報が入力されていません

1件のコメントが寄せられています。

歌詞

「雨音」 1597 作詞 MANABUさん

忘れてしまいたいと そう思うほど
楽しい思い出が 蘇るから
優しい言葉 楽しい出来事
今となっては いとおしい

季節外れの雨が降り続く
ボクの気持ちを 見透かしたように
窓にたたきつける 雨音が泣いて聞こえる

今は二人の歩む路は 別々だけれど
いつか何処かで 交わりそうな奇跡を
心の中で思い描いている

君と過ごした時間(とき)を 大切にする
二度とあの頃には 戻れないから
見慣れた仕草 いつもの口癖
今となっては 懐かしい

季節外れの雨が降り続く ボクの気持ちを
見透かしたように 窓にたたきつける
雨音が泣いて聞こえる

今は二人の歩む路は 別々だけれど
いつか何処かで 交わりそうな奇跡を
心の中で思い描いている

1件のコメントが寄せられています。

04:39 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 25
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2016/12/12 18:30