忘年会

勇夢兄い

作品紹介・説明

私の方からは今年最後の締め括りのアップ作品となります 一昨日の夜に書いた私の歌詞にわぎゅうさんに曲付けして頂き弾き語って頂きました 歌詞はネガティブで切ない内容ですが わぎゅうさんらしくメジャーな曲でサラッと上手に歌って頂きました 虚しさが少し薄れ明日への希望が少し見えてくるような感じにして頂きました この年末楽しかったはずの忘年会も出来ず 一人静かに牛丼や立ち食いそばで空腹をしのいでる人達へ 私も今日の夕食は90歳の母と吉野家の牛丼を食べてました 私の妻も毎年お正月に会っていた兄妹とも会えず元気もありません また年明け4日から診療所での勤務が始ります 医療関係者もひっ迫感が漂ってます あと2日あまりでまた齢を重ねていきます 泣き言ばかり言ってられませんが コロナに負けず強く生きていたいと思っても 空回りで どうしようもないコロナ禍の中で家族もバラバラで今は生きるのでしょうね 政府の水際でのコロナ対策はこれまで本当に良かったのでしょうか?疑問を残しながらも この1年が過ぎようとしています 虚しい心を怒りをどこにぶつけたら良いのか分かりません 非常事態宣言もないままに立法府も既に閉じてます 紅白も良いですが 是非こちらの曲もお聴き下さいね わぎゅうさん 有難うございました(^-^)

わぎゅうさん 焦りました コラボレータ登録つい忘れてしまってごめんなさい!

これ以上書けば もし検閲に引っ掛かって この作品も下ろされるかも知れませんが....
コロナ禍の状況になってからもう1年近く経ちますが 私も含めて国民の大多数の人がPCR検査すらしておりません 問題は患者と接している医療従事者にもです 命がけでコロナ戦争の最前線を戦ってます マスクは何とか出回りましたが ばらまきマスクの後手対応にも閉口致しました 納税者である我々は言いたい事は言っていいと思います ニュースで目にする私利私欲に至福を肥やしてる一部の政治家や役人達には厳しい現実に直面している多くの国民の事を実感として知り得ないと思います


わぎゅう

作品紹介・説明

正月休みにも体がなまらないようにと、早朝にウォーキングをしておりますが、ついでにMTをチェックしたらこの歌詞に目が留まりました。早速附曲依頼して録音しました。

本当に今年はコロナコロナで大変な一年になりましたが、うちの会社でも忘年会は中止になり、その代わりに社員各家庭にお節料理が配られるということになりました。

来年こそ、心置きなく、みんなで音楽楽しんだり、飲み会でワイワイ騒いだりしたいものですね~。

プロダクト説明

MTR:ZOOM MRS-1608
アコースティックギター:fender
リズムマシン:YAMAHA RY30

32件のコメントが寄せられています。

歌詞

忘年会も出来ないままに今年も
もうすぐ終わるのでしょうか
背中をまるめて虚ろな目で
年の瀬の街を歩いています
お腹が空いたらいつも牛丼か
駅前の立ち食いそばを食べてます
財布も心も寒いこの冬を
震えながら生きる私です

忘年会で騒いだ仲間たちは
今どうしているのでしょうか
砕けた心に涙を浮かべて
冬の星座を見ています
仕事も終えて行くとこもなく
ただうろうろしてる毎日ですが
ショーウインドウに映る
幸せそうな自分でない
他の誰かを見てました

忘年会で賑ぎ合う夜の通りも
暗い影を落としていました
街灯の明かりも元気がなく
今にも消えそうな気が致します
寒いのはおまえだけではないと
夜の街が教えてくれました
年が明けても何も変わらず
誰もが歳を取るのでしょう
また私も歳を取るのでしょう

32件のコメントが寄せられています。

04:38 / 192.711kbps

共有する

  • 再生回数: 33
  • お気に入り: 23
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/12/30 20:02