心砂(心)ゆめまぼろし

まぼろし

作品紹介・説明

みなさん、今年もよろしくお願いいたします、今年還暦を迎えるのですが、こんなご時世で、同窓会等々も中止になり、残念で、今回想いを込めて、ユーチューブにこの曲を公開いたしましたので、こちらでも、聴いて頂ければと思い。。。皆さんも、会いたい人に会えず、寂しい、年越し、新年を迎えられたことと思いますが、その一方で本当大切なものは何かと。。。改めて教えられたことは、間違いないことで、また、時代も新しい時代への扉が開いた、まさに、そのように感じる昨今でございます、くれぐれも、その流れに振り落とされぬよう。。皆さん、その行く先と、お体には、注意して、生き伸びてまいりましょう。
ユーチューブにも公開いたしています、よかつたらどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=a8ZghrrKBMA&feature=share&fbclid=IwAR1tCgMZ0N1ktSWD6Ssv-Hp8XBMz5Jz2AMc3nVpnTbBViDQhb4tUno8hjE0

ゆめじ黄(こう)

作品紹介・説明

新年 あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

今年、最初の曲「心砂」です。
まぼろしさんの想いがつまっています。
また動画におかれては、ご当地の素晴らしい景色のなか、
ロケがなさったそうです。
還暦をお迎えになられ、ますます熟成されて
今年も楽しみです。
ゆっくりと楽しみながら、みなさまにおかれても
どうか今年もお付き合いを、宜しくお願い致します。

先ほど、緊急事態宣言が発令されました。
何卒、ご無事でお過ごしくださいませ。

17件のコメントが寄せられています。

歌詞

波の音が聞こえる 
それはやさしき歌になる
打ち寄せ返しては 
心砂(こころ)に沁み入るかのように

安らぎ満ち溢れて 
瞼の奥に光る海が
春夏秋冬(しき)は彩りの中 
今こそ感慨深き日々

あゝ幼き頃に ともに過ごした友よ
今、どうしているか 元気でいるだろうか

この丘から見渡す
変わらぬ美しき景色
ときは過ぎ行くけれど
この海は、あのときのままに



夕凪にきらめいた 
波間に重ねくる思い出
穏やかにして茜(あか)に
沸々と湧き上がるメロディ

後悔や悲しみも
目を逸らさず、抱きしめたなら
春夏秋冬(しき)は愛しむばかり
今こそやさしき日々となる

あゝ親愛なる者 離れていようとも
幸せを祈ろう 君に想いを込めて

この丘から見渡す
変わらぬ美しき景色
ときは過ぎ行くけれど
この海は、あのときのままに 


波の音が聞こえる 
それはやさしき歌になる
打ち寄せ返しては 
心砂(こころ)に沁み入るかのように 

2016 0404

17件のコメントが寄せられています。

06:41 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 13
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/01/06 13:29