「ピンクの口紅」1918作詞 Aisha42

milk2

作品紹介・説明

口紅と言えば何色を思い浮かべるかと聞かれると、赤かピンクと答えてしまいそうですが、今は赤とかピンクと言っても千差万別。
それこそ自分で色を作れるものをいれたら星の数ほどありそうです。でも、昔見た白黒の映画の口紅の色は何か妙に生々しく色を感じてましたね。多分、同じ口紅を使っても差す人によって違う色に見えるんでしょうね。
桜の開花宣言が各地で避けるようになりました。昔は20日過ぎに宣言が出ていましたので、早くなったものです。
コロナで大っぴらにお花見が出来なくなりましたが、やはり花を愛でる習慣はなくなって欲しくないなぁ。
Aishaさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

aisha42

作品紹介・説明

milkさんが、わたしの詞じゃないみたいに、
本物の山下達郎みたいに、
歌ってくださった、曲。

実体験かは秘密ですが、
皆さんに喜んでいただければ幸いです。

どうぞ、milkさんの美声をお聴きください。

ai42

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「ピンクの口紅」1918 作詞 Aisha42さん

あなたのくちびる わたしを奪って
不意に口づけわたしに 火をつけてたわ

ピンクのルージュが 付いてしまうわ、なんて
言って身体を離して 落ち着けてたわ

構わないよ、 なんて、あなた
俺が取るよなんて甘いこと
だめよ、わたしにはすでに 好い人、いるのよ、あなた

だめとわかっていても つい電話してしまう
寂しくなって声を聴きたく なってしまうのね

都合のいい男だろ、なんて 悪びれもせずに笑う
あなたあそれだけ私を掴んで離さない

構わないよ、 なんて、あなた
気が向いたら掛けろと甘いこと
だめよ、わたしにはすでに 好い人、いるのよ、あなた

それでも逢ってしまう 逢えばくちびる奪う
あなたピンクの口紅好きだった

ピンクのルージュが 付いてしまうわ、なんて
言って身体を離して 落ち着けてたわ

構わないよ、 なんて、あなた
俺が取るよなんて甘いこと
だめよ、わたしにはすでに 好い人、いるのよ、あなた

6件のコメントが寄せられています。

04:16 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 6
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2021/03/17 05:55