四方山話(わかれ道)テーマ:なめてた

川上シュンロー

作品紹介・説明

予想してたよりも凄かったりするとビックリしますな。
ビックリするだけならまだ良いのですが、グッタリしたりガッカリしたり
ドッキリしたりスッキリしたりウットリしたり・・・って、もうええか?

何事も甘く見ないで慎重にやったほうが良いでしょう。
注意一秒怪我一生ってな言葉もありますしね。
(ちょっと違うか(笑))

って事で、今回のテーマは「なめてた」。

飴舐め続けるのが苦手で噛んで差し歯を何度も折ったシュンローさんと、
椎茸が苦手なのは聞いてるがナメタケは食べれるか解らん杏ちゃんとで、
今週も脱線しつつ、ぺろぺろぺろ~とお送りいたします。

今週の唄はオリジナルから『わかれ道』です。
作詞/作曲・川上シュンロー

使用したプロダクト

アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA

歌詞

◆わかれ道
作詞/作曲・川上シュンロー

振り向いてごらん ごく普通の昨日が
何の変わりも無く そこにある
君と出逢った あの日から いつも
僕達の間を暖かい風が

 さぁ そろそろ合図の時間だよ
 あの鐘が鳴ったらスタートさ
 うまくゴールへ行けるかな?
 もう 甘える事は 出来ないね

僕の知らない 色んなものを
見て行くんだね これから君は
これは 僕らのバラードさ
うたわないよ 別れの詩は

※さぁ 火蓋は切って落とされた
 行くんだ 君の大空へ
 僕は遠くで見ているよ
 そして いつか また あの日のように

※リフレイン

 そして いつか また あの日のように

21:15 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 11
  • お気に入り: 3
  • その他
  • オリジナル作品
2021/05/21 23:35